AppleがiPadに「ピクチャ・イン・ピクチャ」を搭載してから約5年が経過しました。しかし、YouTubeはこの機能のサポートを追加しておらず、iOS 14でも同じままになるかもしれません。今回、MiniTool uTube Downloaderは、iPhoneとiPadでピクチャーインピクチャーを使ってYouTubeを見る方法をご紹介します。

YouTubeアプリで「ピクチャ・イン・ピクチャ」が使えない理由

「ピクチャ・イン・ピクチャ」は、iPhoneやiPadでは非常に人気のある便利な機能で、特にiPadではiOS 9のリリース以来、この機能を利用することができます。しかし、iOSユーザーはこの機能を使ってYouTubeの動画を見ることができません。

しかも、今年末にリリースされるiOS 14では、この機能は変更されそうにありません。つまり、iOS 14のiPhoneでは「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能が使えますが、YouTubeのアプリケーション開発者がこの機能のサポートを追加しません。

現在の状況から判断すると、Google はまだこの機能を利用するように iPad アプリを更新していません。

iPhoneやiPadで「ピクチャ・イン・ピクチャ」を使ってYouTubeを見る方法

GoogleがなぜiPhoneやiPadでのこの機能をサポートしないのかはわかりませんが、ピクチャーインピクチャー モードでYouTubeを見るには2つの方法があります。

Safariを使ってYouTube動画をピクチャ・イン・ピクチャで見る

iOS 9以降を搭載したiOS 14対応のiPhoneやiPadでピクチャ・イン・ピクチャ モードを利用する最も簡単な方法は、Safariを使うことです。

Safariアプリ

ステップ1:Safari」アプリを開きます。

ステップ2:YouTubeのWebサイトにアクセスします。

ステップ3:ログインするか、視聴したい動画を検索します。

ステップ4:下部の「全画面」アイコンをタップして、YouTubeのメディア プレーヤーをフルスクリーン モードにします。

 
注: 「全画面」アイコンをタップすることが重要です。なぜなら、フルスクリーン モードを有効にしないと、Safariを閉じたときに「ピクチャ・イン・ピクチャ」が機能しなくなるからです。そして、YouTube動画の再生が停止してしまい、再開するには元に戻る必要があります。
YouTubeの全画面表示が機能しない時の解決策
YouTubeの全画面表示が機能しない時の解決策

YouTubeでは、動画を再生する時にフルスクリーンにならないことがあります。したがって、この記事では、この問題を解決するためのいくつかの便利な方法をご紹介します。

もっと見る

ステップ5:スワイプでホーム画面にしてピクチャ・イン・ピクチャで動画を楽しみます。

動画が縮小してピクチャ・イン・ピクチャ モードになったら、ウィンドウをスワイプして画面の任意のコーナーに移動するか、ダブル タップして動画の画面サイズを調整することができます。さらに、画面の端にスライドさせて、再生に影響を与えずに隠すこともできます。

AndroidでYouTubeピクチャーインピクチャーが機能しない場合の対処法
AndroidでYouTubeピクチャーインピクチャーが機能しない場合の対処法

この記事はYouTubeでピクチャーインピクチャーが機能しない場合の対処法を紹介しました。

もっと見る

PiP-it! を使ってYouTubeをピクチャ・イン・ピクチャで見る

PiP-it! は、YouTubeアプリの拡張機能です。どうしてもYouTubeアプリを使いたい場合は、PiP-it! のようなアプリを利用すると、ピクチャ・イン・ピクチャが可能になります。PiP-it! は、ダウンロードしてから3日間無料で試すことができ、その後は1.99ドルでロックが解除されます。

お使いのデバイスにPiP-it! をインストールした後、以下の手順を実行してください。

ステップ1:YouTubeアプリを開き、動画を開始します。

ステップ2:共有」ボタンをタップし、「その他」をタップします。

ステップ3:PiP-it! でピクチャ・イン・ピクチャを選択します。

YouTubeの動画を見ながら、別のことをしたい場合もあるでしょう。その時、「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能を使ったり、YouTube動画をバックグラウンドで最小化したりすることができます。YouTubeの動画を最小化する方法を知るには、「iOS、Android、パソコンでYouTubeを最小化する方法」をご覧ください。

  • Linkedin
  • Reddit