YouTubeには「後で見る」という機能がありますが、それは何ですか?MiniToolによるこの記事では、その機能を紹介し、Webやモバイル デバイスでそれを使用する方法を説明していきます。

YouTubeの「後で見る」とは?

「後で見る」という名前から、この機能の目的を推測したかもしれません。YouTubeの「後で見る」は、お気に入りの動画を見つけたが、その時点でそれを見る時間がない方のために設計されています。つまり、この機能を使えば、興味のある動画を保存しておいて、後で見ることができるのです。

時計のアイコンで表示されているYouTubeの「後で見る」は、YouTubeのホーム ページの左側にあります。

YouTubeでの「後で見る」

また、このアイコンは、YouTube動画サムネイルの右上にも表示されています。

それでは、時間が空いたときに好きな動画を見ることができるように、YouTubeで「後で見る」機能を使う方法をご紹介します。

Webとモバイル デバイスでこの機能を使用する手順は異なります。対応するチュートリアルを以下に示します。

提示: YouTubeのサムネイルに最適なサイズとは?「YouTubeサムネイルの最適サイズ:知っておくべきこと6つ」をお読みください。

ウェブでYouTubeの「後で見る」を使う方法

このチュートリアルは非常に簡単です。詳細な手順は以下の通りです。

ステップ1:動画のサムネイルにカーソルを合わせて、サムネイルの右上にある「後で見る」アイコンをクリックします。すると、動画が「後で見る」キューに追加されます。

ステップ2:YouTubeのホーム画面の左ペインにある「ライブラリ」タブをクリックします。

「ライブラリ」タブをクリック

ステップ3:そして、「後で見る」のページが表示されます。追加された動画がこのペースの右側に表示されていることが分かります。

視聴したい動画をクリックするだけで、動画の再生が始まります。

複数の動画を追加して、それらを次々に見たい場合は、「すべて再生」をクリックできます。

そうしたら、追加されたすべての動画が再生リストにリストアップされ、次々と再生されていきます。「再生リスト」から動画を削除したい場合は、動画の右にある「ゴミ箱(削除)」ボタンをクリックしてください。

注: 「削除」ボタンをクリックすると、その動画は「ライブラリ」タブの「後で見る」セクションからも削除されます。

また、「後で見る」から動画を削除したい場合は、縦3ドットメニューをクリックして、「後で見るから削除」を選択します。

「後で見るから削除」をクリック

なお、「一番上に移動」または「一番下に移動」をクリックすると、動画を最初または最後に見ることができます。

提示: 品質を失うことなくYouTubeをMP4に変換する方法をご存知でしょうか?このチュートリアルをお読みください。

モバイル デバイスでYouTubeの「後で見る」を使う方法

このパートでは、iOSデバイスとAndroidデバイスでお好きな動画を後で見る方法をご紹介します。

チュートリアルは次のとおりです。

ステップ1:モバイル デバイスを開いてから、後で見たい動画の「メニュー」ボタンをクリックします。

ステップ2:表示されたメニューで、「後で見るに保存」オプションをクリックします。

「後で見るに保存」をクリック

ステップ3:一番下のツール バーから「ライブラリ」アイコンをクリックし、「後で見る」が表示されるまでページを下にスクロールします。

「ライブラリ」タブの「後で見る」

ステップ4:後で見る」をクリックすると、再生リストのリストが表示されます。ここで、お好きなように動画を選択して再生を開始できます。

注: 動画を開いている場合は、「保存」ボタンをクリックし、「後で見る」を選択して「完了」をクリックしてください。

関連記事:パソコンとスマホでYouTube Redをキャンセルする方法

  • Linkedin
  • Reddit