ショートビデオといえば、多くの人がTikTokを思い浮かべるでしょう。TikTokに対抗するため、YouTubeは独自のショート動画サービス「YouTubeショート」をリリーズしました。では、今回はMiniToolより、TikTokとYouTubeショートを比較して、それらの違いについて紹介していきます。

YouTube Shortsでも、TikTokでも、素晴らしいショートムービーを数多く見ることができます。 この2つのプラットフォームには激しい競争があり、多くの人がお互いを比較するでしょう。

YouTubeショートとは

TikTokの大成功に驚き、2020年末にYouTubeはYouTubeショート機能をベータ版で導入しました。クリエイターはYouTubeアプリを使用する際に、ショート動画を作成し、YouTubeにアップロードすることができるようになりました。

TikTokとは

TikTokは、中国企業のByteDanceが所有するショート動画作成プラットフォームで、ショート動画市場を支配しています。このプラットフォームでは、人々は最も人気のある音楽と素晴らしいフィルタやエフェクトで自分のビデオを作成することができ、これらのビデオは多くの人々が利用可能です。

さて、YouTubeショートはTikTokと比べると、どうなりますか?これについては、後述します。

YouTubeショートvs TikTok

YouTube ショートとTikTokの類似点・相違点は以下のとおりです。

YouTubeショートとTikTokの比較:類似点

まず、最も明白な共通点として、YouTubeショートもTikTokもショート動画コンテンツに焦点を当てたプラットフォームであることです。また、両者とも、クリエイターが直接動画を作成・アップロードし、その動画から収益を得ることができます。さらに、モバイルとデスクトップの両方のデバイスで見ることができる、ビデオの再生回数、視聴時間、「いいね」、コメント、シェア、リーチ、インプレッションなどの分析も提供します。

また、視聴者目線で見ると、他にも共通点があります。例えば、どちらのプラットフォームもフルスクリーンの没入型エクスペリエンスを提供します。 次に、視聴者は、再生中の動画から直接クリエイターをフォローして登録できます。

以上が、YouTubeショートとTikTokの類似点です。では、両者の違いは何でしょうか?

YouTubeショートとTikTokの比較:相違点

どちらのプラットフォームでもショート動画のアップロードが可能ですが、YouTubeショートは60秒未満の動画のみをサポートし(ここをクリックしてYouTubeショート動画の時間制限を確認)、TikTokは最大5分間の動画をサポートします。

それから、クリエイターはYouTubeショートとTikTokでお金を稼ぐことができますが、収益化の種類が全く異なります。YouTubeショートでは、2021年と2022年の間に$100Mのファンドを分配するYouTube Shorts Fundを提供しているのに対し、TikTokではDigital GiftsとShoutoutsを提供しています。

次に、YouTube自体が膨大な音楽ライブラリーを持っているため、クリエイターが選べるBGMのジャンルがより多いことを意味します。これに対し、TikTokはARエフェクトやグリーンスクリーンエフェクトなどの膨大なフィルターライブラリーを備えており、クリエイターにさらに膨大な創造性を与えることができます。

最後に、可用性についてですが、YouTubeショートはYouTubeアプリでのみ利用可能です。つまり、ショート動画を作成するには、アプリ版に切り替える必要があるということです。しかし、YouTubeのウェブ版でショートビデオを見ることができないわけではありません。パソコンでこれらのビデオを視聴できるようにする方法は3つあり、別のMiniToolのガイドに表示されています。

YouTubeとTikTok:どちらを選べばいいですか?
YouTubeとTikTok:どちらを選べばいいですか?

この記事はYouTubeとTikTokのビデオマーケティングの違いについて紹介しました、

もっと見る

結語

この記事では、YouTubeショートとTikTokの類似点と相違点について議論しました。どの短編動画プラットフォームが良いと思いますか? 以下のコメント欄にご意見をお聞かせください。

  • Linkedin
  • Reddit