YouTubeに動画をアップロードする際に「処理を中止しました」というエラーに直面したことがあるかもしれません。本記事では、この問題を解決する方法について説明していきます。また、YouTubeの動画をダウンロードしたい場合は、MiniTool uTube Downloaderを試すことができます。

YouTubeでの「処理を中止しました」

YouTubeに動画をアップロードするときに、「処理を中止しました。この動画は処理されませんでした」という迷惑な問題が発生することがあります。この場合、問題を解決するにはどうすればよいでしょうか?知らなくても安心してください。この問題を解決する方法を見てみましょう。

処理を中止しました

YouTubeで「処理を中止しました」エラーを修正する方法

解決策1.オペレーティング システムとYouTubeのWebアプリを再起動する

時々、ご使用のオペレーティング システムとYouTubeのWebアプリは、特定の一時ファイルやクリップ ファイルを作成し、それらのファイルにより、YouTubeのWebアプリまたはコンピュータでさえも問題が発生することがあります。このような状況では、YouTubeに動画を正常にアップロードすることはできません。この問題を解決する方法が分からない場合は、オペレーティング システムを再起動してから、YouTubeのWebアプリを再起動することをお勧めします。

1つ目の対処法は、このような種類の問題を解決するための最も一般的な方法です。この方法が役立たない場合は、次の解決策を試してみてください。

解決策2.アップロードする動画の長さを調整する

この問題は、アップロードする動画の長さが原因である可能性もあります。アップロードする動画が長すぎる場合、動画の長さを調整して、YouTubeがアップロード要求を処理できるようにすることができます。通常のYouTubeユーザーであれば、2GB以上の動画や15分を超える動画をアップロードすることはできません。では、アップロードする動画が15分を超える場合、どうすればいいのでしょうか?アップロードする動画の長さを長くするには、YouTubeアカウントを確認する必要があります。すると、お使いのスマホはワンタイムコードを受信して、このコードはYouTubeアカウントを確認して、アップロードする動画の長さを増やすように使われます。

2番目の解決策を試しても、「処理を中止しました。動画をアップロードできませんでした」というエラーが発生する場合は、次の解決策に進んでください。

解決策3.アップロードした動画をアクティブにして公開する

アップロードした動画をアクティブにすることは、この問題を解決するためのもう一つの方法です。そして、ほとんどの場合、非常に効果的です。詳細な手順は次のとおりです。

ステップ1. YouTubeアカウントにサインインして、プロフィール画像をクリックします。

ステップ2.小さなメニューが表示されたら、「YouTube Studio」オプションをクリックしてください。

YouTube Studio

ステップ3.新しいインターフェイスがポップアップしたら、検索バーに処理が中止された動画の名前を入力して、「Enter」を押します。

検索バー

ステップ4.その後、左側のメニューにある「その他の機能」オプションをクリックします。すると、右側に「アクティブ化」ボタンが表示されます。それをクリックして、処理が中止された動画をアクティブにする必要があります。

上記の4つの手順を実行した後、この問題が解決されたかもしれません。3つ目の方法はこの問題を解決できない場合は、次の方法をお試しください。

解決策4.以前にアップロードした同じ動画を削除する

アップロードする動画は以前にアップロードした動画と同じであれば、この問題が発生するおそれがあります。そのため、これを解決するには、前にアップロードした同じ動画を削除するしかありません。それを削除したくない場合は、YouTubeがそれを別のものとして認識するように動画を編集してみてください。最後に、もう一度アップロードしてみてください。

結語

本記事を読んだ後、YouTubeで「処理を中止しました。この動画は処理されませんでした」というエラーを修正する方法が分かるようになるかもしれません。関連するご質問やご提案がありましたら、コメントにてお知らせください。

  • Linkedin
  • Reddit