MrBeastは純資産が1800万ドルに達する人気ユーチューバーです。では、なぜMrBeastはそんなにお金を持っているのでしょうか?MiniToolのこの記事は、MrBeastがどのようにお金を稼ぐかを示しています。

人気YouTuber-MrBeastについて

1998年5月7日に生まれたMrBeast(本名はJimmy Donalson)は、高価なスタントを中心としたYouTube動画のジャンルを開拓しました。2012年2月に「MrBeast6000」というユーザー名で初めての動画をYouTubeにアップロードしたとき、彼はわずか13歳でした。実際、最初の数年間、MrBeastはユーザーの注目をあまり集めていませんでした。

MrBeast

ユーチューバーになる6つのステップ
ユーチューバーになる6つのステップ

この記事はユーチューバーになるためにやらなければならない6つのステップを紹介しました。

もっと見る

MrBeastはどうしてそんなにお金持ちですか

「worst intro」シリーズの動画により、2015年から2016年にかけて注目され始めたMrBeast。これらの動画は、彼がプラットフォーム上で発見したYouTuberのイントロを丸めてからかったものです。2016年半ばには、MrBeastの登録者数は3万人に達しました。2016年末、MrBeastは大学に入学しました。そして。大学には2週間しか通わず、退学したという。その間、彼はあまりお金を得ることができなかったです。

MrBeastは2017年1月、自分が10万人にカウントする動画をアップし、人気を博しました。彼は後に、この動画に44時間かかったことを明かしました。そしてMrBeastは、その挑戦について語りました。"ただ本当に欲しかったんだ。大学を中退して、本当にあまり稼げなかったんだ。すぐに広まるのは分かっている。"

最初の動画をアップロードした後、MrBeastはYouTubeのアルゴリズムが気に入るものを見つけました。彼は、厄介なスピナーを24時間回転させたり、ジェイク・ポールのIt's Everyday Broのミュージックビデオを10時間連続で見たりと、同様のスタントですぐに再生回数を伸ばしたのです。

2017年のMrBeastの年収は、合計で約176.2kを稼ぎました。2017年11月、MrBeastの登録者数は100万人を達成しました。彼の動画はどんどん人気が出てきています。例えば、(Fidget Spinner Vs Face (Legit Had To Get Stitches) という動画は、2400万人以上の視聴者がいます。

2018年は合計約1532. 1kを稼ぎました。MrBeastのチャンネルには、彼の糧となる動画が何種類かあります。その中でも、彼のLast To Remove Handは最もよく知られています。Last To Remove Hand Wins $10,000-Challenge や Last To Remove Hand, Gets Lamborghini Challenge を見たことがある視聴者は5400万人以上いるそうです。そのため、彼は「Junklord YouTube」と呼ばれるようになりました。

YouTubeで稼げる金額を計算して収益額を確認する
YouTubeで稼げる金額を計算して収益額を確認する

この記事はYouTubeの収益額を確認するツールを5つ紹介しました。

もっと見る

そして、2019年は合計で約3062.2kを稼ぎました。また、動画制作だけでなく、いくつかの大会を開催し、多くのスポンサーを獲得した。Apex Legendsと提携し、ロサンゼルスで賞金20万ドルのリアルロイヤルバトルロイヤルゲームを企画・撮影(2試合プレイし、ゲーム収益は1試合あたり10万ドル)。

また、MrBeastはアーバーデイ財団の資金調達活動「Team Trees」の共同制作者でもあり、これまでに2200万ドル以上の資金を調達しています。

2020年の今、MrBeastのYouTube登録者数は3700万人を突破しました。今年はより完璧な動画を制作することを明らかにした。これまで彼は3本のビデオテープを廃棄し、10万ドルをかけて動画を制作してきた。

あなたもYouTubeでお金を稼ぎたいなら、この記事を参考にしていいアドバイスを確認しましょう。

  • Linkedin
  • Reddit