YouTubeの動画をアップロードする際に、色んな原因でアップロード処理が中断され、先に進めないことがあります。そこで、この記事はMiniToolよりYouTube動画のアップロード中にスタックするいつくかの事例その解決策をご紹介します。

現在、最も人気のある動画サイトの一つであるYouTubeは、多くのユーザーを魅力し、自分で作った動画をアップロードして他人と共有しています。しかし、調査によると、多くのユーザーが動画のアップロード中に予期しない問題に遭遇しました。例えば、「処理は放棄されました」、「処理が進まない」、「処理は中止されました」などのことがあります。

この記事では、YouTube動画をアップロードする際に処理が進まない問題の原因と対処法についてご紹介します。

YouTube動画の処理中止、アップロードできない時の原因と対処法
YouTube動画の処理中止、アップロードできない時の原因と対処法

この記事はYouTubeに動画をアップロードするときにYouTube動画が処理されないことに遭遇したことがある場合の対処法を紹介しました。

もっと見る

解決策1:動画のサイズと形式を変更する

アップロードの進捗が止まっている場合、まず、今回アップロードする動画の形式やサイズがYouTubeの制限内であるかどうかを考える必要があります。例えば、動画のサイズが256 GBまたは 12 時間のいずれかの上限を超えた場合は、アップロード進捗がとなってしまうことがあります。

また、以下の2つの記事で、YouTube動画の最適な形式とサイズを見てみましょう。

 
提示: 動画の形式、サイズ、解像度を変更したい場合は、無料の動画変換ソフトであるMiniTool Video Converterを使用することができます。MiniTool Softwareの公式ダウンロードセンターから無料で入手しましょう。

解決策2:インターネット接続の問題を修正する

ネットワークの問題は、YouTubeの動画アップロードの進行にも影響を与えます。動画の種類や形式、サイズに問題がないのにアップロードが成功しない場合は、インターネットの接続状態が適切かどうかを確認してください。インターネットの接続が不安定だったり、誤って無効にしてしまったりすると、インターネットを再接続して問題が解決するかどうか試してみてください。

解決策3:動画の解像度を変更する

動画の解像度によって、アップロードするのにかかる時間が異なります。通常、解像度が高ければ高いほど、所要時間は長くなります。例えば、4K動画のアップロードは、1080P動画のアップロードよりも時間がかかります。そのため、動画の解像度を確認し、動画の画質に影響を与えない上適切に解像度を下げてから、YouTubeに再アップロードすることができます。

解決策4:アップロードする時間を変更する

上記の方法で問題が解決しない場合は、サーバーが混雑している時間帯に動画をアップロードしたことを考慮されます。YouTube利用のピーク時には、インターネットサービスプロバイダーがアップロードトラフィックの急増を記録します。そのため、動画のアップロード処理に時間がかかります。

そのため、サーバーが混雑してアップロードリクエストをタイムリーに処理できなくなるのを防ぐため、動画をアップロードする際はユーザーのピーク時を避けるようにしてください。

上記の方法で、YouTube ビデオのアップロード時に処理が詰まる問題を解決できれば幸いです。

また、もしMiniToolについて何かご質問/ご意見がありましたら、お気軽に以下のコメント欄でお知らせください。

  • Linkedin
  • Reddit