YouTubeは様々な動画形式をサポートしていますが、ほとんどのユーザーはアップロードする際に最初のオプションを選択します。実際のところ、この一見些細な選択は、アップロードされた動画の品質に影響を与えます。この問題を解決するために、本記事ではYouTubeに最適な動画形式をご紹介します。

ご存知のとおり、動画ファイルには様々な形式があります。各ファイル形式の構成は少し異なっています。一部のファイル形式とファイルコンテナは特定の種類のプレーヤーと互換性がありませんが、他のプレーヤーとは互換性があります。

さらに、異なるファイル形式で作成されたファイルサイズは大きく異なる場合があります。これらの要因はすべて、YouTube などの特定のプラットフォームへのアップロードに影響を与える可能性があります。動画をYouTubeにアップロードできない場合は、MiniToolソフトウェアを使って動画形式を変更してみてください。

関連記事:Instagram動画の推奨形式と仕様

YouTube に最適な動画形式

アップロード時にどの形式で動画を保存すればよいかわからない場合や、「無効なファイル形式」というエラーメッセージを受け取った場合は、アップロードする動画の形式が以下のいずれかの形式と一致していることを確認してください。

YouTubeでサポートされている動画形式とファイル拡張子:

  • 3GPP
  • MOV
  • MPEG4
  • MP4
  • AVI
  • WMV
  • MPEG-PS
  • FLV
  • WebM

YouTubeでサポートされている動画コーデック:

  • DNxHR
  • ProRes
  • CineForm
  • HEVC (h265)

YouTubeは様々な動画形式をサポートしていますが、ヘルプセンターでは、高品質の動画を生成するために使用できる形式の提案があります。プラットフォームの推奨によると、最高のYouTubeの動画形式はMP4(小さなファイルサイズ、高い圧縮率と人気)です。しかし、何らかの理由でYouTubeにMP4ファイルをアップロードできない場合は、MOVファイルも良い選択です。

さらに、高品質の1080p HDコンテンツを作成するために、YouTubeは以下のオプションを選択することも推奨しています。

  • 264コーデック(動画の品質を損うことなく、ファイルサイズを縮小するための最も効果的なオプションの一つです)
  • 15-20 MBps
  • 16:9の標準的なアスペクト比(特にスマホでの視聴には重要です)
  • 音声コーデック:AAC-LC

アップロードする動画におすすめのエンコード設定

YouTubeには15分以下の動画をアップロードすることができます。15分を超える動画をアップロードする場合は、YouTubeアカウントの確認が必要です。その後、より長い動画をアップロードすることができますが、128Gより大きい動画をアップロードすることはできません。

最高の動画形式変換ソフト

MiniTool Movie Makerは、広告やウイルスがなく、初心者にも非常に使いやすい無料のコンバーターです。それは様々な種類の動画/音声/写真ファイルをインポートすることをサポートしています。さらに、このプログラムが超高速でロスレス品質の変換をサポートしているので、変換されたファイルの品質を心配する必要はありません。動画形式の変更に加えて、この無料動画変換ソフトは他の多くの優れた機能を提供しています。

MiniTool Movie Makerのメインインターフェース

  • さまざまなタイプの動画テンプレートを提供します。
  • 人気のあるトランジションやエフェクトを多数提供します。
  • 動画を1つに結合することをサポートします。
  • 動画にテキスト(タイトル、キャプション、およびクレジット)を追加できます。
  • 動画の色補正を行うことができます。
  • 音声のフェードインとフェードアウトをサポートします。
  • 動画の解像度を変更して動画ファイルのサイズを調整できます。

結語

YouTubeに最適な動画形式の選択についてご質問があり、または異なるプラットフォームに適している動画形式のアイディアを共有したい場合は、以下にコメントを残すか、お気軽に[email protected]までお知らせください。

  • Linkedin
  • Reddit