YouTubeにアップロードされた動画は1時間以上の長い動画もありますが、数分しかないものもあります。YouTubeビデオの長さは最大でどのくらい可能ですか?今回はMiniToolよりYouTubeにアップロードする動画の制限長さを紹介していきます。

YouTubeのアップロード制限

YouTubeのアップロード制限は、確認済みかどうかによって異なります。 YouTubeが確認済みの場合、YouTube動画の長さは最大12時間、サイズは最大128GBになります。 一方、YouTubeアカウントが確認されていない場合は、15分以内の動画のみをYouTubeにアップロードできます。

したがって、YouTubeアカウントが確認されているかどうかが重要です。

YouTubeアカウントが確認されるかどうかを確認する

アカウントの確認プロセスを完了したかどうかを確認できない場合は、次の部分を読んでください。

ステップ1:YouTubeのサイトを開き、アバターをクリックします。 ドロップダウンメニューから「設定」を選択します。

ステップ2:「設定」ウィンドウで、「アカウント」タブにある「チャネルのステータスと機能」をクリックします。

「チャネルのステータスと機能」をクリック

ステップ3:YouTubeチャンネル名の下に「確認済み」と表示されている場合は、確認済みであることを意味します。 ページを下にスクロールすると、「長い動画」セクションが有効になっていることもわかります。

YouTubeアカウントを確認して、より長い動画をYouTubeにアップロードする場合は、次の手順に進みます。

確認」ボタンをクリックします。 次のページで、居住国を選択し、電話またはテキストメッセージを選択します。

電話を選択する場合は、「確認」ボタンをクリックして、電話番号を慎重に入力してください。

6桁の確認コードを受け取ります。 指定されたボックスにこのコードを慎重に入力し、下部にある「送信」ボタンをクリックします。

その後、確認メッセージが表示されます。 「続行」をクリックしてアカウントの「チャンネルのステータスと機能」ページに戻ると、チャンネル名の下にあるボタンが「確認済み」に切り替えられていることがわかります。 そして今、あなたはYouTubeのアップロード制限を破っています。

確認済みなのに長い動画をYouTubeにアップロードできません

チャンネルの確認を行ったが、より長い動画をYouTubeにアップロードできない場合、原因は次のとおりです。

  • 動画の1つに著作権侵害の申し立てがあります。
  • あなたの動画はYouTubeコミュニティのガイドラインに違反しています。
  • アップロードしようとしている動画が、動画の最大長(12時間)またはサイズ(128 GB)を超えています。

最初の2つの原因については、チャネルのステータスと機能のページに移動して確認できます。

最後の原因の場合は、一般的に2つの選択肢があります。

オプション1:信頼性の高いツールを使用して、品質を損なうことなく最大ファイルサイズに達するまでこのビデオを圧縮します。

オプション2:ビデオを2つ以上のビデオに分割し、それぞれがそれらの制限を満たすようにそれらをクロスリンクします。

おすすめ記事:YouTube動画にチャンネル登録ボタンを追加する方法

結語

この記事はYouTubeにアップロードする動画の長さ制限を紹介しました。少しでもお役に立ちましたら幸いでございます。また、もしMiniToolについて何かご質問/ご意見がありましたら、お気軽に[email protected]までご連絡ください。

  • Linkedin
  • Reddit