YouTubeを愛用している方はYouTubeは11月8日、ユーザーに対して利用規約の変更を通知したことは知っているでしょう。新しい利用規約は12月10日に有効になります。そこで、この新しい利用規約には何の変更がありますか?¥今後のYouTube利用には何の影響がありますか?今回はMiniToolよりYouTubeが12月10日に更新する新しい利用規約について解説していきます。

YouTubeは11月8日に12月に利用規約を更新し、独自の裁量でYouTubeアカウントと動画を削除できるようにすることを発表しました。

利用規約を更新

YouTubeの新しい利用規約で、「YouTubeはコンテンツをホストまたは提供する義務を負わない」と述べています。 つまり、YouTubeは比較的オープンなプラットフォームですが、会社は必要のない動画を保持する必要はありません。

また、新しい規約には、「YouTubeがお客様にサービスを提供することがもはや商業的に実行可能でないと判断した場合、YouTubeはお客様のアクセスまたはGoogleアカウントの全部または一部へのアクセスを終了する場合があります」と記載されています。 チャンネル登録者が足りない、または他の場所で収益を上げていないチャンネルを無差別に取り消すようになります。

YouTubeは、動画の削除プロセス中にすべての関係者から批判されてきました。 一部の批評家は、YouTubeは会社の規制に違反しているが、これらの規則に完全には違反していない動画を削除するために、より多くの措置を講じることができると信じています。

YouTubeは完全にオープンなプラットフォームであり、何を削除し、何を残すかをコントロールすべきではないと考える人もいます。そして、彼らは、更新された変更がユーザーを不当にプラットフォームから追い出すために使われることを懸念しています。

YouTubeの幹部たちは長い間、言論の自由の提唱者としてプラットフォームを擁護してきたが、今やYouTubeは公開できるビデオの種類を制限し始めていまし。

YouTubeは、利用規約を頻繫に更新しています。 これは、YouTube利用規約2019の3回目の変更です。これらの最新の更新は米国連邦取引委員会の新しいYouTubeガイドラインに一致しているようですが、YouTubeはFTCの決定によりこれらの変更が行われたことを否定しました。

ただし真実は、多くの更新がプラットフォームを使用している人と子供の保護に関するものです。 9月、連邦取引委員会は、児童オンラインプライバシー保護法に違反したとしてGoogleに1億7000万ドルの罰金を科しました。 YouTubeはまた、子供のプライバシーをさらに保護し、法律を遵守するために変更を加えることに同意しました。

新しい利用規約には、子供がプラットフォームを使用する際の保護者の責任に関する更新されたセクションが含まれ、各国でのYouTubeの年齢要件がより明確に示されます。 たとえば、米国では、サービスを使用するには13歳以上である必要があります。 それ以外の場合は、YouTube Kidsです。 また、「未成年者である場合、サービスを使用する前に、常に親または保護者の許可を得る必要があります」という通知も含まれています。

サービスの利用者

YouTubeの広報担当者はインタビューで、「YouTubeは利用規約を変更して、読みやすくし、最新の状態に保つようにしています」と明確に述べています。 「当社の製品の動作方法、データの収集または処理方法、またはお客様の設定を変更することはありません」と広報担当者は付け加えました。

YouTubeの新しい利用規約は明確化に重点を置いており、YouTubeがより自由に意思決定できるようになっています。

結語

この記事はYouTubeが12月10日に更新する新しい利用契約について説明しました。少しでもお役に立ちましたら幸いでございます。また、もしMiniToolについて何かご質問/ご意見がありましたら、お気軽に [email protected]までご連絡ください。

  • Linkedin
  • Reddit