YouTubeを利用して動画を観る人の中は大人はもちろん、子供もたくさんいます。大人であろうと子供であろうと、外部の影響を受けずにYouTubeで動画を見ると、それに夢中になり、時間を忘れてしまう可能性があります。そこで、時間を決めて視聴する「休憩のリマインダー」を利用する必要があります。

YouTubeの休憩のリマインダー

世界で最も人気のある動画共有プラットフォームの1つとして、YouTubeは多くの人々が暇つぶしの最初の選択肢になっています。あなたは毎日YouTubeにかかる時間はどのくらいですか? 2時間、4時間、それともそれ以上ですか?

YouTubeには面白くて魅力的な動画がたくさんあり、時間の流れを忘れさせてしまいがちです。このようなときは、YouTubeの「休憩のリマインダー」を利用して自制力を高める必要があります。

この機能は、YouTubeアプリのユーザーが視聴習慣を管理できるように設計されています。 この機能を有効にすると、指定した時間間隔で穏やかなリマインダーが表示されます。 たとえば、45分間隔を設定すると、45分の動画コンテンツを視聴した後、再生中の動画が一時停止し、リマインダーが表示されます。

リマインダーが表示されたら、YouTubeを終了する予定があるとのことです。

リマインダー

時間間隔に不満がある場合は、リマインダーの「設定」ボタンをタップして調整することもできます。

リマインダーを閉じる場合は、リマインダーの「閉じる」ボタンをタップします。

 
提示: YouTubeの自動再生機能をオフすることもある程度悪い視聴習慣を修正するのに役立ちます。 したがって、この機能をオフにして、1つの動画が終了したときにそれ以上の動画を視聴しないようにすることができます。

YouTubeの「休憩のリマインダー」を有効にする

この機能はYouTubeアプリでのみ利用できます。 AndroidフォンとiPhoneでそれを有効にする方法のチュートリアルを以下に示します。

AndroidフォンでYouTubeの「休憩のリマインダー」を有効にする

手順1:AndroidスマートフォンでYouTubeアプリを開きます。

手順2:画面の右上隅にあるYouTubeアカウントをタップします。

手順3:「設定」オプションをタップしてから、「全般」オプションをタップします。

手順4:「休憩をリマインドする」オプションをタップします。

手順5:「リマインダーの頻度」画面が現れたら、「時間」と「」の値を設定して「OK」をタップして変更を保存します。

YouTubeにリマインダーを設定しました。 設定した動画コンテンツを視聴すると、YouTubeのリマインダーがポップアップ表示されます。

iPhoneでYouTubeの「休憩のリマインダー」を有効にする

iPhoneでの操作はAndroidスマホとは少し異なります。

手順1:iPhoneでYouTubeアプリを起動します。

手順2:画面の右上隅にあるYouTubeアカウントをタップします。

手順3:「設定」オプションをタップしてから、「休憩をリマインドする」オプションをタップします。

YouTubeのチャンネル登録が機能しない場合の考えられる原因と対処法
YouTubeのチャンネル登録が機能しない場合の考えられる原因と対処法

この投稿には、YouTubeチャンネル登録が機能しない4つのケースがリストされています。

もっと見る

結語

この記事はYouTube休憩のリマインダーの効果とそれをつける方法について紹介しました。少しでもお役に立ちましたら幸いでございます。また、もしMiniToolについて何かご質問/ご意見がありましたら、お気軽に [email protected]までご連絡ください。

  • Linkedin
  • Reddit