YouTubeでは、クリエイターは従来の動画投稿だけでなく、最近開始されたYouTubeショート機能で収入を得ることもできます。MiniToolのこの記事では、YouTubeショート動画で収益化する方法について説明したいと思います。

YouTubeは、クリエイターが短い動画を作成し、YouTubeにアップロードして利益を得ることができる機能「YouTube Shorts」を提供開始しました。この機能を試したことがあるかもしれませんが、それを収益化する方法を知っていますか?

YouTubeショートで収益化

YouTube Shortsにアップロードされる動画は60秒以下で、次々と再生されるため、広告を流すスペースがほとんどありません。したがって、これらのビデオに広告を掲載してお金を稼ぐことは不可能です。では、YouTube Shortsはどのようにお金を稼ぐのでしょうか?

YouTube Shortsの収益化のために、YouTubeはショート ファンドを創設し、2021年と2022年にShortsクリエイターに1億ドルを分配することを開始しました。

ショートファンド

YouTubeは、毎月、数千人のクリエイターの中から、ショート ファンドからの支払いを請求できる人を選び、これらのクリエイターは、自分のショート動画の再生回数とエンゲージメントに応じて、100ドルから1万ドルの収入を得られると説明しました。

ここを読めば、「YouTubeショートでお金を稼ぐにはどうしたらいいか」という疑問に対する明確な答えが得られるでしょう。YouTube ショートの収益化を実現するためには、適格なクリエイターとなり、動画の視聴やエンゲージメントを促進するよう努める必要があります。

そこで、もう一つの疑問が生まれます。どうすれば適格なクリエイターになれるか、どうすれば自分のショート動画の再生回数やエンゲージメントを促せるか、ということです。引き続きご覧ください。

YouTubeは、YouTubeヘルプサイトにおいて、対象となるクリエイターがどのようにあるべきかを明らかにしました。YouTube ショート ファンドからボーナスを受け取るには、以下のルールを守る必要があります。

  • 過去180日以内に少なくとも1つの対象となるショート動画をアップロードしている必要があります。
  • YouTube のコミュニティ ガイドライン、著作権に関するルール、収益化ポリシーを遵守している必要があります。
  • 第三者のソーシャルメディア プラットフォームからウォーターマークやロゴを使用した動画、非オリジナル動画(映画やテレビ番組の未編集クリップなど)、他のクリエイターのチャンネルから再アップロードした動画は、対象外となります。
  • クリエイターは、米国で13歳以上、または居住国・地域で成人年齢に達している必要があります。
  • 13歳~18歳のクリエイターは、親または保護者が規約に同意し、自分のチャンネルにAdSenseアカウントがまだリンクされていない場合は、支払いのためにアカウントを設定する必要があります。

これらのルールとは別に、クリエイターがこれらの国・地域のいずれかに居住している必要があります。

ショートファンドが利用可能な国または地域

YouTubeでより多くの再生回数を取得する方法は?この記事が役に立つかもしれません。

結語

YouTube ショート ファンドの報奨金を受け取るための要件を満たしている場合は、ショート動画でショート ファンドから収入を得ることができます。そして、資格を取るために、上記の内容を参考してください。

YouTubeショートで収益化する内容はこれまでです。もし、まだYouTubeショートでお金を稼ぐ方法について質問がある場合は、以下のコメント欄からお知らせください。

  • Linkedin
  • Reddit