YouTubeはなぜ子供が登場する動画へのコメントを無効にするのですか?それはファミリー チャンネルにとってどんな意味があるのでしょうか?答えを知りたいのであれば、このままMiniToolによるこの記事を読み続けてください。さらに、子供と家族をよりよく保護するためのYouTubeの取り組みも紹介されています。

YouTubeは子供が登場する動画へのコメントを禁止

YouTubeは、子どもが登場するほとんどの動画へのコメントを禁止することを発表しました。これは、ファミリー ブロガーにとってどのような意味を持つのでしょうか?

関連記事:ブログを開始!役立つ8つのヒント

YouTubeは、子どもと家族をよりよく守るために、18歳以下の子ども向け動画へのコメントを無効にします。明らかに、これは多くの動画クリエイターに深刻な影響を与えます。

では、なぜYouTubeは子どもが登場する動画へのコメントを無効にするのでしょうか?その原因は、YouTubeでの児童搾取のスキャンダルについての動画です。

世界最大級のソーシャル メディアにアップロードされた動画に登場する子どもたちを守るために、YouTubeが思い切った対策を講じていることが確認されました。

児童搾取のニュースが流れてから1週間以上が経過した後、YouTubeはようやくクリエイターのブログページに最新情報を掲載しました。この記事では、これまでに行ってきたことをまとめていますが、それ以上に重要なのは、次に何をするつもりなのかということです。そこには、動画クリエイターが少し不快に感じることが書かれています。

YouTubeによると、過去1週間で、略奪行為の可能性がある数千万件の動画コメントをブロックしたという。これらの取り組みは、若い世代や年配の未成年者が登場する動画に焦点を当てています。YouTubeは、今後数ヶ月の間に、危険性のある動画を特定していきます。

また、YouTubeは、略奪的、不気味、有害と判断されたコメントを識別して自動的に削除できる、より効果的な分類器の作成に取り組んでいることも確認しました。全体的なセキュリティ ポリシーの一環として、子どもに危害を加えようとしたり、危険にさらしたりするコンテンツを積極的に削除し、チャンネルを終了させます。

なお、ファミリー向けや子ども向けの少数のクリエイターが、その種類の動画にコメントできるようになっています。ただし、これらの選ばれたチャンネルは、標準的なモデレーション ツールを使ってコメントを積極的にレビューする必要があり、コメントにはリスクの低い略奪行為が示されていなければなりません。

YouTubeは少数のクリエイターしかいないと主張していますが、おそらくプラットフォーム上で最大規模のクリエイター、つまり数千万回の再生回数を生み出すようなクリエイターがいると推測できます。そしてこれらのクリエイターは、自分のコメントが安全であることを証明しなければならないだろう。

関連記事:YouTubeの動画にコメントを投稿する方法2つ

YouTubeの新しいコメント ポリシーはどのように機能するのか?

新しいポリシーでは、何千万もの動画と何百万もの動画クリエイターのチャンネルへのコメントが禁止されることが確認されています。

これらのクリエイターは、視聴者と直接交流することができなくなり、YouTubeでアクティブな視聴者とコミュニティを構築する方法の全体的な流れが変わります。

コメント機能を有効にできる少数のチャンネルについては、彼らはYouTubeとどのように連携しするのでしょうか。または、これらのチャンネルとYouTubeチームはどの程度の作業を行う必要があるのでしょうか。子供向けの大規模なコンテンツでは、アップロードされた動画に1万件以上のコメントがあることもあり、その数を調整するには大変な労力が必要となります。

YouTubeのコメントが表示されない時の対処法
YouTubeのコメントが表示されない時の対処法

YouTubeのコメントが表示されないのは迷惑な問題です。では、この問題を修正するにはどうしたら良いですか?MiniToolからのこの記事を読み続けてください。

もっと見る

結語

上記では、YouTubeが子供が登場する動画のコメントを無効にする理由と、子どもや家族をよりよく保護するためのYouTubeの取り組みについてご紹介しました。

  • Linkedin
  • Reddit