YouTubeエラーコードPBJRELoad=10は、Google+をデバイスにダウンロードした後ユーザーが遭遇する最も一般的な技術的問題です。そこで今回はMiniToolより、このエラーを修正する方法を解説したいと思います。

PBJRELoad=10とは

PBJRELoad=10は、YouTubeで発生するエラーです。オンラインレポートによると、Google+を端末にダウンロードしたら、このエラーが現れます。

PBJRELoad=10

調査によると、YouTubeエラーPBJRELoad=10は、サービスの失敗や他の故障が原因で引き起こす可能性があります。

また、サービスの失敗は、アプリケーションのある部分が破損したため、YouTubeがGoogle+をメインフレームから取り外すことを決定したことが引き金となっています。そして、アプリケーションの不具合がYouTubeエラーの引き金になったのかもしれません。

ところで、PBJRELoad=10を修正するにはどうしたらいいのでしょうか?

PBJRELoad=10を修正する方法

YouTubeエラーPBJRELoad=10を修正するための3つの解決策をご紹介します。

  • ネットワーク接続状態のチェック
  • JavaScriptのサポート状況を確認
  • カテゴリーを追加

ネットワーク接続状態のチェック

まず、ネットワーク接続が安定しているかどうかを確認します。例えば、動画をダウンロードしてみることができます。ダウンロード処理が素早く成功した場合は、使用しているネットワークが問題ないと判断できます。しかし、ダウンロードが失敗した場合は、デバイスを別のネットワークに接続し、YouTubeエラーPBJRELoad=10が表示されるかどうかを確認してください。

JavaScriptのサポート状況を確認する

JavaScriptは、スクリプト・プログラミング言語です。ブラウザと連携して、Webサイトの一部の機能を動作させます。ブラウザのActive scripting機能が無効になっている場合、YouTubeエラーPBJRELoad=10が表示されることがあります。

そのため、Active scripting機能が有効になっているかどうかを確認します。

以下の手順は、Internet Explorerで適用されます。

ステップ1:Internet Explorerを開き、「ツール」タブがあるかどうか確認します。このオプションがない場合は、ブラウザのウインドウ上部の空白部分を右クリックし、「メニューバー」オプションを選択してください。

ステップ2:「ツール」タブをクリックし、「インターネットオプション」オプションを選択します。

「インターネットオプション」オプションを選択

ステップ3:新しいウィンドウでセキュリティタブに切り替え、インターネットアイコンが選択されたまま「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリックします。

「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリック

ステップ4:次のウインドウでリストをスクロールダウンして、「スクリプト」項目の「Java アプレットのスクリプト」、「アクティブ スクリプト」、「スクリプトによる貼り付け処理の許可」で、それぞれ「有効にする」を選びます。

「スクリプト」項目を有効

カテゴリーを追加する

多くのユーザーが、リンクの末尾にカテゴリーを追加することで、PBJRELoad=10エラーが修正されたことを確認しました。

以下、詳しい手順を説明します。

  1. ブラウザを起動し、新しいタブを開きます。
  2. アクセスしたいビデオ、チャンネル、プレイリストのリンクをコピーして貼り付けます。
  3. リンクの末尾に「/Video」「/Channel」「/Playlist」のいずれかを追加します。
  4. Enterキーを押します。

リンクの末尾にカテゴリーを追加

YouTubeをAVIに変換する2つの効果的な方法
YouTubeをAVIに変換する2つの効果的な方法

YouTubeをAVIに変換しようと思うユーザーがたくさんいます。それはAVI形式は、開いて再生するのに変換や特定のプログラムおよびドライバーを必要としないためです。

もっと見る

  • Linkedin
  • Reddit