デフォルトでは、YouTubeを使用して動画を視聴すると、前の動画が終了すると、次の動画が自動的に再生されます。 しかし、このオートプレイ機能を使いたくない場合は、手動で無効にすることができます。ここではMiniToolよりYouTubeの自動再生機能を無効にする方法を紹介していきます。

PCのウェブブラウザでYouTubeの動画を再生すると、ユーザーの視聴履歴に基づいて、最も関連性の高い動画を再生し続けます。次の映像が再生されるまでに10秒間のカウントダウンがあり、この間に他の操作をしたり、カウント画面で「キャンセル」をクリックすることで、自動再生を停止することができます。

YouTubeの自動再生機能はデフォルトで有効になっています。 多くのユーザーがこの機能を便利だと感じる一方で、不快に感じる人もいます。 幸いなことにこの機能は無効にすることができるので、ユーザーはこの機能を好きなように切り替えることができます。

以下では、PCとモバイルそれぞれで、YouTubeの自動再生機能をオフにする方法をご紹介します。

パソコンでYouTubeの自動再生をオフにする方法

パソコンのWebページを使ってYouTubeの動画を見ている場合、以下の手順でYouTubeの自動再生機能をオフにすることができます。

1.Webブラウザを開いて、https://www.youtube.com/にアクセスします。

2.Googleアカウントにサインインします。ログインしていてもしていなくても、YouTubeの自動再生をオフにすることができるので、このステップは絶対に必要ではありません。しかし、Googleアカウントでサインインすると、このアカウントからどのデバイスを使用していても、この機能はアカウント全体でオフになります。

3.任意のビデオをクリックして再生します。

4.YouTubeのコントロールパネルにカーソルを移動して、自動再生のボタンをオフにします。

自動再生ボタンをクリック

もう一度ビデオをタップして再生し、プログレスバーをビデオの最後の数秒間に直接ドラッグして、このビデオが終わった後に他のビデオが自動的に再生されるかどうかを確認します。

モバイルででYouTubeの自動再生をオフにする方法

スマートフォンでYouTubeアプリを使用している場合(Android、iOSを問わず)、以下の手順でYouTubeの自動再生を無効にすることができます。この手順は、モバイルWebブラウザのYouTube.comでもご利用いただけます。

  1. スマートフォンでYouTubeアプリを開くか、モバイルWebブラウザでcomにアクセスします。
  2. Googleアカウントでログインしてください。同様に、このアクションは、同じアカウントでアクセスしたときに、YouTubeの自動再生をオフにする設定がすべてのデバイスで有効になるようにすることを意味します。
  3. 動画を選択して再生し、一時停止してください。その際、全画面表示はしないでください。
  4. 再生画面に「自動再生」ボタンをクリックして自動再生機能をオフにします。

設定を完了した後、動画が終了するまで再生を続け、YouTubeが新しい動画の再生を停止するかどうかを確認することができます。

  • Linkedin
  • Reddit