多くのmacOSユーザーは、iMovieを使用しで動画を編集し、iMovieから直接YouTubeにビデオをアップロードすることを選択します。 この記事では、iMovieで作成した動画をYouTubeに直接アップロードする方法とアップロードが失敗する理由を説明していきます。

YouTube動画共有プラットフォームでは、誰でも自分の作ったビデオをアップロードして他のユーザーと共有できます。 多くのmacOSは、iMovieで編集されたビデオをこのプラットフォームにアップロードします。

しかし、一部のユーザーは、iMovieビデオをYouTubeにアップロードできないと報告しています。 次に、あるユーザーがその問題についてどう説明したかを見てみましょう。

あるiMovieユーザーがdiscussions.apple.comでこの問題を報告しました。

共有ボタンを使用して、iMovieからYouTubeに直接ムービークリップをアップロードできなくなりました。 共有ボタンからYouTubeオプションを選択すると、ウィンドウがポップアップ表示され、タイトルを確定し、[次へ]、[公開]の順にクリックできますが、そこからアップロードが完了しません。 ステータスバー/サークルの途中になりますが、それ以上は入りません。 YouTubeページを確認すると、動画が表示されず、アップロード中の動画としても表示されません。
 
提示: ビデオ編集用の素材をダウンロードする場合は、Windows PCでMiniTool uTube Downloaderを使用できます。

iMovieで動画をYouTubeにアップロードできない2つの主な理由

「iMovieで動画をYouTubeにアップロードされない理由」には、主に2つの理由があります。

  • アップロードする動画が15分を超えています。
  • iMovieのビデオフォーマットはYouTubeと互換性がありません。

YouTubeにはアップロード制限があります。 Googleアカウントが確認されている場合は、15分より長い動画をアップロードでき、アップロードの最大サイズは128 GB(または12時間)です。 詳しい情報とそのアップロード制限を破る方法については、こちらの文章を参考してください。

iMovieのビデオフォーマットがYouTubeと互換性がないのはなぜですか? YouTubeとiMovieでサポートされている重複した異なるビデオフォーマットがあります。

  • iMovieサポート:.MOV、.M4V、.AVI、.MP4;
  • YouTubeサポート:.MOV、.MP4、.AVI、.WMV、.FLV.3GPP。

非互換性の状況を回避するため、.M4VをMP4などのYouTubeがサポートするものに変換する必要があります。

iMovieで動画をYouTubeにアップロードする方法

YouTubeのアップロード制限を超えて、.M4VをYouTubeがサポートするものに変換しましたか? はいの場合、iMovieからYouTubeへのビデオのアップロードを開始できます。

ステップ1。iMovieを開き、プロジェクトビューアでYouTubeにアップロードするプロジェクトをダブルクリックします。

ステップ2. トップバーのエクスポートアイコンをクリックし、リストからYouTubeオプションを選択します。

ステップ3. YouTubeウィンドウで、次のことを行う必要があります。

  • YouTubeアカウントを入力します。
  • タイトル、説明、およびタグを入力します。
  • カテゴリとプライバシーオプションを選択します。

ステップ4. 「次へ」ボタンをクリックして、iMovieビデオをアップロードします。

ステップ5. 利用規約を読み、「公開」ボタンをクリックします。

関連記事:WindowsでiMovieの代替品6つ

結語

この記事はiMovieで動画をYouTubeにアップロードする方法とアップロードできない原因を紹介しました。少しでもお役に立ちましたら幸いでございます。また、もしMiniToolについて何かご質問/ご意見がありましたら、お気軽に[email protected]までご連絡ください。

  • Linkedin
  • Reddit