「YouTubeに動画をアップロードするのって、どれくらいの時間がかかるんだろう…」と悩む人は多いのではないでしょうか。そこで今回はMiniToolよりYouTube動画のアップロード処理にかかる平均時間、そして処理が止まったり、時間がかかりすぎる場合の対処法を解説していきます。

YouTubeは、世界的に人気のある動画共有サイトで、さまざまな種類の素晴らしい動画を見ることができます。そして、YouTubeにアップされている動画のほとんどは、世界中の動画クリエイターがアップロードしたものです。調査によると、YouTubeでは毎分400時間以上の動画がアップロードされているそうです。

このような大量の動画のアップロードは、サーバーにとって大きな試練です。一部のユーザーは、動画をアップロードするときに処理に長い時間がかかることに気付きます。 もちろん、アップロードした動画の時間が長い場合は処理時間が長くなるのは問題ないが、処理の進行が途中で止まってしまったら問題があります。

YouTubeに動画をアップロードするにはどのくらいの時間がかかりますか?

通常、YouTubeに動画をアップロードする際の平均的な処理時間は15分以内となっています。もちろん、他の要因によって15分以上になることもあれば、15分未満になることもあります。例えば、動画のサイズが大きくて長すぎる場合は、それに応じて時間がかかるようにします。また、インターネットの速度が十分に速ければ、YouTubeは数秒で動画を処理します。

YouTube動画をアップロードする際の注意点

アップロード動画の種類とサイズ

通常、動画のサイズは、動画のファイルタイプとビデオフォーマットに影響されます。より短時間でYouTubeに動画をアップロードしたい場合は、YouTubeが推奨する動画形式を使用することをお勧めします。 詳しい情報はこちらをご覧ください。

インターネット接続速度

インターネットの速度が遅かったり、ネットワーク環境が不安定だったりすると、動画の処理に時間がかかったり、途中で動かなくなったりすることがあります。インターネットの速度をテストするためにspeedtestに行くことができます。また、google.comで自分でインターネットの速度を検索することもできます。

アップロード トラフィック

ネットワークトラフィックが混雑している時間帯に動画をアップロードすると、処理に時間がかかります。そのため、その時間帯を避けた時間に動画をアップロードしましょう。

ビデオ解像度

アップロードする動画の解像度が高い場合、処理タスクの完了に時間がかかります。同じ条件であれば、4K動画は1080p動画よりもYouTubeへのアップロードに時間がかかります。

YouTube動画のアップロード処理時間に影響を与える要因については、こちらをご覧ください。この処理に時間がかかる場合は、動画の形式やファイルタイプだけでなく、解像度の変換が必要かどうかを確認することができます。また、インターネットの速度に問題がないかどうかも確認する必要があります(インターネット接続の問題を解決する方法)。さらに、インターネットが混雑している時間帯には、YouTubeに動画をアップロードしないようにするのが良いでしょう。

 MiniTool uTube Downloaderを使って、YouTube動画をダウンロードする

YouTubeサイトから他人がアップロードした動画をダウンロードしたい場合は、この無料のYouTube動画ダウンロードソフトであるMiniTool uTube Downloaderを使うことをお勧めします。このソフトはYouTube動画をMP3、MP4、WAV、WebMの高解像度ファイルにダウンロードすることができます。

MiniTool Youtube Downloaderクリックしてダウンロード100%無料 & クリーン

このソフトの使い方はとても簡単です。ダウンロードしたい動画のURLをコピーしてソフトに貼り付ければ、動画が自動的に検出されます。すると、出力形式と画質を選択してから、「ダウンロード」クリックして動画をオフラインに保存できます。

MiniTool uTube Downloader

さらに、このソフトはビデオ形式の変換にも対応しています。ビデオコンバーターモードに切り替えると、ダウンロードしたYouTubeの動画を必要な形式に変換することができます。

  • Linkedin
  • Reddit