YouTubeで早送り巻き戻しをするには?MiniTool uTube Downloaderのこの記事では、YouTubeでの動画再生中に、5秒や10秒、あるいはそれ以上の長さの早送りや巻き戻しをする方法についてご紹介します。

YouTubeの動画には、面白い所もあれば、つまらない所もあります。多くの人は、面白い所は何度も巻き戻して楽しみ、つまらない所は早送りして飛ばしています。

さて、YouTubeで早送り巻き戻しをするにはどうすれば良いでしょうか?

YouTubeの早送り

YouTubeの早送り方法は3つあり、それぞれ異なる効果があります。

右矢印キーを使用する

キーボードの右矢印 キーを押すと、動画が5秒ずつ早送りされます。

早送り5秒

動画再生中に右矢印キーを押すと、グレーの円の中に3つの右矢印と「5秒」という文字が表示されます。

Lキーを使用する

L キーは、YouTube動画の早送りに使用できるキーボードショートカットです。

右矢印キーとは異なり、動画が10秒ずつ早送りされます。

早送り10秒

再生バーを右にドラッグする

YouTube動画を10秒以上早送りする場合は、再生画面の下にある再生バーを必要な秒数だけ右にドラッグします。

再生バーを右方向にドラッグする

以上、YouTube早送りについて解説しました。続いて、巻き戻しについてご紹介します。

YouTube TVで広告をスキップできますか?
YouTube TVで広告をスキップできますか?

この記事はYouTube TVで広告をスキップする機能とその基本情報を紹介しました。

もっと見る

YouTubeの巻き戻し

YouTubeで動画を早送りする方法は3つありますが、巻き戻しする方法も3つあります。

左矢印キーを使う

右矢印キーを押すと動画が5秒早送りされ、左矢印 キーを押すと5秒巻き戻されます。

巻き戻し5秒

動画再生中に右矢印キーを押すと、グレーの円の中に3つの左矢印と「5秒」という文字が表示されます。

Jキーを使用する

動画再生中にJ キーを押すと、10秒巻き戻されます。

巻き戻し10秒

関連情報: Lキーでは10秒早送り、Jキーでは10秒巻き戻しができますが、再生と一時停止の切り替えにはKキーを使用します。

再生バーを左にドラッグする

YouTube動画を10秒以上巻き戻しする場合は、再生画面の下にある再生バーを直接左にドラッグします。そうすることで、面白い所に戻ってまた楽しむことができます。

面白い動画は、ダウンロードしてオフラインで観ることをお勧めします。

以上、YouTube動画の早送りと巻き戻しの方法についてご紹介しました。

Youtube早送り・巻き戻し

違う速度でYouTubeの動画を再生する方法
違う速度でYouTubeの動画を再生する方法

YouTube動画の再生速度を速くしたり、遅くしたりしたいですか?この記事では、YouTubeの動画を違う速度で再生する方法をご紹介します。

もっと見る

  • Linkedin
  • Reddit