パソコンでYouTube動画を再生するには、ブラウザを使用するので、動画プレイヤーのサイズはブラウザ ウィンドウのサイズに合わせて自動的に調整されます。ところが、このサイズは手動的に変更することはできます。今回はMiniToolよりYouTube動画プレーヤーのサイズを変更する方法を紹介していきます。

パソコンでYouTubeの動画プレーヤーのサイズを変更する方法

パソコンでYouTubeの動画を再生する場合、YouTubeはユーザーが使用しているブラウザのウィンドウで利用可能なスペースに応じて、動画プレーヤーのサイズを自動的に変更します。つまり、ブラウザのサイズを変更すると、それに合わせてYouTubeの動画プレーヤーのサイズも変更されるということです。

もちろん、デフォルトのYouTube動画プレーヤーのサイズを使いたくない場合は、手動で変更することもできます。YouTubeでは、デフォルトビュー、ミニプレーヤー、シネマモード、フルスクリーンの4つのサイズを切り替えることができます。

YouTubeプレイヤー

  • デフォルト表示
  • ミニプレーヤー
  • シアターモード
  • フルスクリーン

続いて、この4つのYouTube動画プレーヤーのサイズを使い分ける方法をご紹介します。

YouTube動画のプレイヤーサイズ

デフォルト表示

YouTubeの動画をパソコンで開いたときに表示される動画サイズは、あくまでもデフォルトの表示です。

ミニプレーヤー

動画プレーヤーの右下の「ミニプレーヤー」ボタンをクリックすると、デフォルトの表示が消えます。YouTubeのホーム画面に戻り、右下にミニプレーヤーが表示されます。そして、その動画を見ながら、他の動画を検索することができます。

YouTubeの動画プレーヤーの左上にある「拡大」ボタンをクリックすると、デフォルトの表示に戻ります。

ミニプレーヤー

シアターモード

シアターモードでは、YouTubeの動画をより大きな画面で見ることができますが、フルスクリーンほどではありません。シアターモードに入ると、ミニプレーヤー、デフォルトビュー、フルスクリーンを切り替えることができます。

シアターモード

全画面

動画を線画面再生すると、パソコンの動画が占用されます。「全画面表示を終了」ボタンをクリックすると、前のサイズモードに戻ることができます。

全画面

補足:ブラウザのサイズを変更することでYouTubeの動画プレーヤーのサイズを変更する

最初に述べたように、ブラウザのサイズが変わると、YouTubeの動画プレーヤーのサイズも変わります。YouTube動画を見ながらパソコンの他のアプリケーションを使いたい場合は、ブラウザのサイズを縮小してYouTube動画プレーヤーのサイズを変更するとよいでしょう。

ブラウザのサイズを変更

YouTubeの動画をダウンロードしたい場合

YouTubeで気に入った動画を見つけたら、コンピュータにダウンロードしてオフラインで視聴したいと思いませんか?ここは無料のYouTube動画ダウンローダーであるMiniTool uTube Downloaderを利用することができます。

このソフトウェアにより、YouTubeの動画をMP3、MP4、WAVおよびWebM4つの異なる形式のファイルにダウンロードすることができます。同時に、出力形式を選択する時に、その品質や解像度を選ぶこともできます。

MiniTool Youtube Downloaderクリックしてダウンロード100%無料 & クリーン

ソフトの使い方は非常に簡単で、ソフト内でターゲット動画を検索することもできますし、動画のURLを使って検索することもできます。さらに、ソフトウェア内のYouTubeサイトにログインしたら、アカウントの再生履歴、登録チャンネル、再生リストなどで動画をダウンロードすることもできます。

「ユーザーマニュアル」 MiniTool uTube Downloaderの使い方
「ユーザーマニュアル」 MiniTool uTube Downloaderの使い方

MiniTool uTube Downloaderを使用してYouTube動画を保存したり、動画を別のファイル形式に変換したり、またはPC画面を録画したりする方法を学びます。

もっと見る

結語

これで、YouTube動画のプレイヤーサイズを変更する方法を把握していたでしょう。ご参考になされましたら幸いです。また、もしMiniToolについて何かご質問/ご意見がありましたら、コメントでお知らせください。

  • Linkedin
  • Reddit