YouTubeショート動画(YouTube shorts)は2020年からサービス開始となりました。そこで、自分ショート動画を作成するには、まずYouTube Shorts動画の長さと解像度について把握する必要があります。MiniTool uTube Downloaderのガイドに従って、この2つの重要な要素を探求しましょう。

YouTubeの新機能であるYouTube Shortsは、直感的にはGoogle版のtiktokであり、両者には違いがありますが、非常に似ている部分も多くあります。YouTubeのショートムービーを自分で作ってアップロードすることはとても簡単ですが、YouTube Shortにアップロードする動画の長さと解像度が制限されているなど、従うべきルールがいくつかあります。

YouTubeのショート動画をPCにダウンロードする方法
YouTubeのショート動画をPCにダウンロードする方法

この記事では、PCでYouTubeのショート動画をダウンロードする方法をご紹介します。ご興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

もっと見る

YouTubeショートの長さ

YouTube Shortsにアップロードする動画は60秒以内に限られます。そして、YouTubeは、60秒以下のYouTubeコンテンツを自動的にYouTube Shortsに分類します。

YouTube Shortsは、クリエイターが60秒までの短い動画を作ることができるYouTubeアプリの新機能で、60秒の動画は、15秒の動画をいくつか組み合わせたものでもOKです。

なので、YouTube Shortsの動画を作るときは、動画の長さが60秒以内であることを確認しましょう。

さて、これがYouTube Shortsの長さです。YouTube Shortsの解像度について、このまま読み進めてください。

YouTube再生リストの長さを確認する方法
YouTube再生リストの長さを確認する方法

この記事は、YouTube再生リストの長さ(動画数,合計時間,平均時間などの情報)を確認する方法を紹介しました。

もっと見る

YouTubeショートの解像度

YouTube Shortsの最適な解像度は、1920ピクセル×1080ピクセルとなります。これはYouTubeの規定で、YouTube Shortsは縦長でなければならず、1080 x 1920は黒帯を残さずにモバイル画面全体を埋めることができるためです。

YouTubeショートの解像度

実際、YouTubeでは、アスペクト比が1:1、解像度が1080ピクセル×1080ピクセルの動画をShortsに分類しています。つまり、YouTube Shortsは縦長である必要はなく、正方形であってもよいということです。正方形のYouTube Shortは、携帯電話の画面の上下に黒いバーが表示されますが、これはチャンネル名、動画のタイトル、登録ボタンがより見やすくなることを意味します。

動画の幅が広かったり、細かったりするとどうなるのでしょうか?YouTube Shortに分類されるのでしょうか?この2つの疑問を解決するために、いくつかのテストを行いました。

あるテストでは、正方形よりも幅の広い動画を作ってYouTubeにアップロードしたところ、その動画はYouTube Shortsセクションに表示されないことが判明しました。つまり、幅の広い動画はYouTube Shortsでは受け入れられません。

別のテストでは、360ピクセル×1920ピクセルの解像度でより薄いビデオを作り、YouTubeにアップロードしたところ、このビデオもYouTube Shortsで見つからなかったそうです。したがって、スマートフォンで撮影しているものよりも薄い動画は作らないようにしましょう。

全体として、動画のサイズは広くても薄くてもいけません。

YouTubeの「ショート動画」を無効にして非表示する方法
YouTubeの「ショート動画」を無効にして非表示する方法

この記事はYouTubeアプリでショート動画を削除して非表示する4つの方法を紹介しました。

もっと見る

結語

アップロードした動画をYouTube Shortに分類してもらいたい場合は、ビデオの長さが60秒以以下に制限し、解像度が1920ピクセル×1080ピクセルまたは1080ピクセル×1080ピクセルであることを確認してください。

さて、以上、YouTube Shorts制作する前に知っておくべき2つの要素でした。このコンテンツについて何か質問がありますか?もしあれば、コメント欄にご記入ください。

  • Linkedin
  • Reddit