ライブ配信、特にゲームのライブストリーミングプラットフォームでは現在「YouTube」と「Twitch」が主要となっています。これら2つのプラットフォームは、常に競争の激しい環境にあります。ということで、「YouTube」と「Twitch」では何がどう違うのか?比較してみます。

YouTubeライブ配信

最大の動画共有プラットフォームであるYouTubeには、毎月20億人を超えるアクティブユーザーがされています。

2009年、YouTubeはライブストリーミングの初期の実験を行いました。 その後、2011年には、ロンドンでの2012年オリンピックなどの実況放送に使用されるポータルページ「www.youtube.com/live」でYouTube Liveを公開しました。

MiniToolソフトウェア– MiniTool Movie Makerですばらしいビデオを作成できます。

現在、YouTube Liveには1,000万人以上のチャンネル登録者がいます。 このチャンネルでは、ライブゲーム、ライブ音楽、ライブニュース、ライブスポーツ、最近のストリーミングレコーディングを視聴できるだけでなく、コンピューターでモバイルライブストリームを視聴することもできます。

さらに、YouTube Liveを使用すると、YouTubeクリエイターは公式モバイルアプリからストリーミングできます。 ただし、モバイルユーザーには1000を超えるサブスクライバーが必要であるため、ライブストリーミングを開始できます。 モバイルデバイスからストリーミングするのに十分なサブスクライバーがいない場合でもコンピューターでライブ配信できます。

YouTubeでライブ配信をすると、ユーザーはスーパーチャットで70%のギフティング” を受け取ることができ、YouTubeは会費の30%を受け取ります。

メリット

  1. ライブのある部分を見逃した場合は、ストリームを巻き戻すことができます。
  2. ストリームは、終了後に自動的に保存されます。
  3. コンピューターでモバイルライブストリームを視聴できます。
  4. それはあなたがモバイルデバイスからストリーミングすることを可能にします。

デメリット

  1. スマートフォンでライブ配信するには、少なくとも1000人の加入者が必要です。
  2. Xboxをサポートしていません

Twitch

Twitchは、2011年に開始され、Amazonの子会社であるTwitch Interactiveが所有するライブストリーミングプラットフォームです。 クリエイティブコンテンツや音楽放送などに加えて、主にビデオゲームのライブストリーミングに焦点を当てています。2015年までに、Twitchの視聴者は毎月1億人を超えました。

現在、Twitchには毎日1500万人以上のアクティブユーザーがいます。 ユーザーは、すべてのオペレーティングシステム、PC、Mac、およびLinuxからTwitchにストリーミングできます。 さらに、ユーザーはモバイルデバイスやビデオゲームコンソールからストリーミングすることができます。

ストリーマーは、Twitchでサブスクライバーごとに$ 2.5を取得できます。 寄付に関しては、Twitchは0%を受け取ります。つまり、ストリーマーは寄付金の100%を受け取ることができます。

メリット

  1. すべてのプラットフォームをサポートします。
  2. Amazonプライムユーザーは、月額無料のチャンネルサブスクリプションを取得します。

デメリット

Twitchは、ゲームに焦点を当てたライブストリーミングプラットフォームです。

どれを選ぶべきか

YouTube LiveとTwitchは、2つの異なるライブストリーミングプラットフォームです。 YouTube Liveは包括的なライブストリーミングプラットフォームであり、ユーザーはゲームだけでなくスポーツもストリーミングできます。 ただし、Twitchは主にライブゲームに重点を置いています。 ほぼすべての最大のeスポーツプレーヤーがTwitchでストリーミングします。

YouTubeにすでに1000人以上のチャンネル登録者がいる場合は、間違いなく最適な場所です。 ゲームをストリーミングする場所を探しているなら、ゲームに焦点を合わせたプラットフォームTwitchが適しているかもしれません。

結語

この記事はYouTubeとTwitchのライブ配信の違いについて紹介しました。少しでもお役に立ちましたら幸いでございます。また、もしMiniToolについて何かご質問/ご意見がありましたら、お気軽に[email protected] までご連絡ください。

  • Linkedin
  • Reddit