カントリーミュージックは、1920年代初頭のアメリカ南部で生まれたポピュラー音楽のジャンルです。このジャンルの音楽が好きですか?MiniToolによるこの記事では、YouTubeの人気カントリーミュージックの5選をご紹介したいと思います。

「If I die young bury me in stain/Lay me down on a bed of rose(もし私が若くして死んだのなら、サテンの布でくるんで、バラで敷き詰めたベッドの上に寝かせてほしい)」は、私の大好きなカントリーソングの歌詞です。皆さんはこの歌を聞いたことがありますか?

カントリーミュージック(またはカントリー&ウエスタン、ヒルビリーミュージック)は、現代で人気のある音楽ジャンルの1つです。この種の音楽は、アメリカのフォーク、ブルースなどをルーツとしています。2020年まで、カントリーミュージックは約100年の歴史があります。

以下では、人気のYouTubeカントリーミュージック5選をご紹介していきます。

人気のYouTubeカントリーミュージック5選

# 10,000 Hours

「Do you love the rain/Does it make you dance when you're drunk with your friends at a party(君は雨が好き?雨が降ると踊りたくなる?パーティーで友達と酔っぱらった時に)」、このオープニングがとても気持ちいいですね。

「10,000 Hours」は、Dan + ShayとJustin Bieberとのロマンチックなコラボレーションです。スムーズなギターと、比較的気楽なドラムのグルーヴ感で、これは素晴らしくてチルな作品です。Dan + Shayが曲の最初の部分を担当し、次にBebierが曲の後半の部分を担当しています。3人の歌手がスムーズなボーカルを披露しました。

# Heaven

2つ目のおすすめYouTubeカントリーミュージックは「Heaven」です。これは、2017年のカントリーミュージック チャートで受賞したKane Brownの歌です。

「Heaven」は、Blake Anthony Carter、Matt McGinn、Lindsay Rimesの3人が作曲しました。また、ビルボードはそれを「ロマンチックなスロージャム」と表現しました。この軽快でまっとうな曲は、十分なポジティブな兆候を持ち、この歌手のカントリーミュージック界における未来を期待させるとも言えます。

歌詞の一部は次のとおりです。

「This is perfect(完璧なんだ)/Come kiss me one more time(もう一度そばにきて僕にキスをして)/I couldn't dream this up(こんな事思いもつかなかったよ)/Even if I tried(頑張って考えようとしても無理だったね)/You and me in this moment(君と僕はこの瞬間にいて)/Feels like magic only(魔法みたいだね)/I'm right where U wanna be(自分の行きたい所は知っているんだ)/Everybady's talking about heaven like they just can't be to go(皆んなあの世の事を話しているよ、早く行きたいんだろうね)...」

# The Bones

「The Bones」は、2013年ニューミュージックセミナーの「Artist on the Verge」賞を受賞したMaren Morrisの作品です。

この作品は、急がない愛の良さをと特徴したメロディックなラブソングです。それはスローテンポのアコースティック ギターで始まります。サビに入ると、曲はよりパワフルになり、歌手の高音域が際立ちます。

次に、歌詞の一部を示します。

「When my bones are good, the rest don't matter(根っこさえしっかりしてれば、他はどうでもいい)/Yeah, the paint could peel, the glass could shatter(確かに、塗装は剥がれて、ガラスは粉々になるかもしれない)/Let it rain 'cause you and I remain the same(雨は降らせておけばいい、私達は同じでいるから)...」

インスタのストーリーに音楽を追加する方法3選
インスタのストーリーに音楽を追加する方法3選

インスタのストーリーに音楽を追加する方法は何ですか?この投稿では、Instagramのストーリーに音楽をすばやく簡単に追加するためのいくつかの方法を紹介していきます。

もっと見る

# Kinfolks

Sam Huntの「Kinfolks」は、伝統的なテーマのラブソングですが、非常に現代的なアレンジが施されていました。この曲は、恋人に家族に会ってもらいたい、自分にとって最も大切な場所や顔を恋人に見てもらいたいという願いを表現したもので、次のような歌詞に表れています。

「And I know we just met, but I wanner introduce you to my kinfolks, to my old friends(僕達は出会ってしまったんだ、家族や昔からの友人に君を紹介したいよ)/to the house in the pines where the rode ends(通りの端にある松の木林にある家に、キミを連れて行きたいよ)/Take you to my hometown(僕の故郷に君を連れて行きたいよ)/where I grew up(僕が育った場所)/where I thought I knew it all before I knew what love is(愛がなんであるかを理解する前に、全てをわかってたいと思ってた場所に)....」

大切な両親や友人に会いに連れて行きたいときに、彼女や彼氏にこの歌を歌ってみてはいかがでしょうか。

# Homesick

「Homesick」はKane Brownによってリリースされた曲です。この曲は、家での快適さを切望している気持ちを描きました。

この曲は、シンプルなエレクトロニック・ビートとアコースティック・ギターのコードが特徴です。また、フィドル ソロもサプライズです。これにより、曲の中間部分は甘くなりました。なお、伝統的なカントリーミュージックの影響と、現代的な制作要素が組み合わされており、誰もが楽しめる曲になっています。

次に、歌詞の一部を示します。

「Dancing in the kitchen you signing my favorite songs(キッチンで踊りながら、僕の好きな歌を歌ってる)/Swinging on the front porch just laughing at the dogs(玄関先のブランコに乗って、犬を見て笑ってる)/Now you swear you love me more when you whispering goodnight(おやすみを囁きながら、もっと愛してるって誓ってくれる)...」

YouTubeで人気のカントリーミュージック5選の紹介はこれで終わりです。それらをダウンロードしたい場合は、こちらの記事 - 「無料でYouTubeから音楽をダウンロードする方法」をお読みください。

YouTube「後で見る」とは?使い方を解説!
YouTube「後で見る」とは?使い方を解説!

YouTubeの「後で見る」とは何ですか?この記事では、この機能とその使い方をご紹介します。

もっと見る
  • Linkedin
  • Reddit