YouTubeのクリエイターであれば、常にYouTubeのコミュニティガイドラインをチェックしてルールを守る必要があります。そうしないと、わざとではないがコミュニティ ガイドラインに違反する行為を行うおそれがあります。今回はMiniToolよりYouTubeコミュニティガイドラインの詳細を紹介していきます。

YouTubeは、最近コミュニティガイドラインにおいていくつかの重大な更新をリリーズしました。これらの変更には、クリエイターの一人一人に影響を与えます。では、この新しいコミュニティガイドラインがどのようなもので、クリエイターにどのような影響を与えるのかを見てみましょう。

今回更新されたYouTubeのコミュニティガイドラインでは、クリエイターが犯しうる様々な罪(ヌード、有害、憎悪、暴力的なコンテンツ、嫌がらせやいじめ、スパムなど)についての禁止事項が記載されています。クリエイターが投稿したビデオがこれらのコンテンツにおいて一線を越えた場合、ガイドラインに違反の警告が表示されます。

YouTubeのメールに注意を払う!フィッシング詐欺かもしれません!
YouTubeのメールに注意を払う!フィッシング詐欺かもしれません!

この記事はYouTubeで不審メールを受けた場合の対処法を紹介しました。

もっと見る

今回のYouTubeコミュニティガイドラインの更新は、より詳細な内容となっています。 また、映像コンテンツだけでなく、以下のような項目でもコミュニティガイドラインに抵触する可能性がありますので、ご注意ください。

  • コンテンツ
  • タイトル
  • サムネイル
  • プレイリスト
  • ライブストリーム
  • コメント

これまでYouTubeの罰則は、違反した場所によって異なりました。 罰は、ライブ配信の権限が失われたり、一定期間動画の投稿ができなくなったりすることがあります。 これまでのルールは少しわかりにくかったので、YouTubeではコミュニティガイドラインに反するものを明記しました。

おすすめ記事:YouTube、動画クリエイター向けに4つの新機能を提供開始

YouTubeコミュニティガイドライン

2019年2月19日より、新しいYouTubeコミュニティガイドラインが、YouTube上のすべてのクリエイターに正式に適用されました。なお、YouTubeでは、新しいコミュニティガイドラインが短期間ですべてのクリエイターに適応できない可能性があると考えられるため、原則として初犯者にはペナルティを課さないことにしています。これにより、すべてのクリエイターは、ガイドライン違反のコンテンツを初めて投稿したときに警告を受けるだけで、コンテンツが削除された後は、それ以上の罰則はありません。

この警告はすべてのチャンネルに適用されるため、既存のストライキがあっても、それ以上のペナルティの前にこの警告を受けることができるという良い点があります。サムネイル、動画コンテンツ、プレイリスト、コメントのどれでYouTubeコミュニティガイドラインに違反しても、ペナルティは常に同じです。

1ストライク

YouTubeコミュニティガイドラインに2回目の違反をすると、1回目のストライクとみなされます。これにより、違反内容を含むコンテンツが削除されることになります

その上、YouTubeにコンテンツを投稿する権利が1週間ブロックされます。これには、ビデオ、ライブストリーム、YouTubeストーリー、コミュニティへの投稿が含まれます。

なお、コメントの投稿は可能です。1週間後、すべての投稿機能が回復しますが、ストライクは合計90日間、アカウントに残っています。

2ストライク

1ストライクの前提で90日以内に再びYouTubeコミュニティガイドラインに違反した場合は、2回目の違反となり、1週間の使用禁止ではなく2週間の使用禁止となることを除き、同じペナルティが課せられます。

3ストライク

YouTubeコミュニティガイドラインに3回目の違反をした場合、YouTubeは放送できなくなり、チャンネルが終了します。

クリエイター、特に多くのチャンネル登録者を持つビデオクリエイターにとって、チャンネルが削除されることは非常に致命的なペナルティとなるでしょう。一方、YouTubeは、コミュニティガイドラインに違反した場合の罰則を定めたルールをより透明化していますので、その段階に到達する人はほとんどいないと思います。 YouTubeは、違反に関する情報、通知、メール、クリエイターのスタジオへの連絡など、より具体的な指示によって、クリエイターがコミュニティガイドラインに違反することを防いでいます。

おすすめ記事:YouTubeサポートにてお問い合わせする5つの方法

今回、YouTubeがコミュニティガイドラインに加えた変更は、どれも好評です。特に、最初にガイドラインに違反したときに警告を表示するというのは素晴らしいアイデアです。ほとんどのYouTubeクリエイターはコミュニティガイドラインに違反することを恐れているので、一貫性のあるペナルティシステムは、ユーザーにこのことを明確に伝えます。また、90日間のライブストリーミングに適用されていた厳しい罰則も撤廃されました。

YouTubeのライブ配信に最適なソフトウェア【2022ガイド】
YouTubeのライブ配信に最適なソフトウェア【2022ガイド】

この記事はYouTubeのライブ配信に最適な5つのソフトウェアを紹介しました。

もっと見る

実際には、多くのクリエイターが新ガイドラインに適応しないために追加ストライクを得ました。一回目の警告を受けた後に、自分のYouTubeチャンネルでそれ以上の警告を出すべきではありません。

結語

この記事はYouTubeの新しいガイドラインについて知っておくべきことを紹介しました。YouTubeのクリエイターとしては、誤ってガイドラインを違反しまったときに備え、常にこのガイドラインの内容は把握しておく必要があります。

  • Linkedin
  • Reddit