YouTubeは、特定チャンネルにおけるユーザの公開情報およびコメント履歴を表示することができる新しい機能「プロフィールカード」を公開しました。YouTubeによると、この機能はYouTubeコミュニティの他のユーザーたちのつながりを強化し、クリエイターがチャンネル内の良いコメント投稿者と悪いコメント投稿者を区別するのに役立ちます。

YouTubeは、主に動画を共有するために設計されたサービスです。 世界中の何百万人ものユーザーがYouTubeサイトでアカウントを作成し、誰でも視聴できる動画をアップロードしています。 MiniToolソフトウェアを試して、自分のYouTube動画を作成してみましょう。

Creator Insiderは最近、ユーザーのYouTubeコメント履歴を表示するプロファイルカード機能が間もなくリリースされることを明らかにしました。YouTubeのプロダクトマネジメントディレクターであるTom Leung氏によると、ユーザーがこれらの変更に事前に備えることができるように、YouTuberと新機能の更新と開発を共有しました。

YouTubeコメント履歴

以前、クリエイターはコメント投稿者の名前をクリックすると、そのユーザーのチャンネルページまたはまったく関係のないプロファイルに移動します。現在、その仕組みは変更されました。

プロフィールカードが採用されると、YouTubeクリエイターがコメント投稿者の名前をクリックしたら、対応のプロフィールカードが表示され、過去12か月間にチャンネルに投稿されたコメントがすべて表示されます。また、新しいプロフィールカード機能には、コメント投稿者のYouTubeチャンネルにリダイレクトするためのリンクも含まれています。

クリエイターは動画内でコメントを投稿するユーザーのYouTubeコメント履歴を見ることができますが、ユーザーのプロフィールカードには、コメント投稿者に関する貴重な個人情報は表示されません。

YouTubeの動画にコメントを投稿する方法2つ
YouTubeの動画にコメントを投稿する方法2つ

この記事はYouTubeの動画にコマンドを残す方法を紹介しました。

もっと見る

YouTubeクリエイターは、ユーザーが自分のチャンネルに残したコメントのコメント履歴にのみアクセスでき、他のチャンネルのコメントを見ることができません。 つまり、プロフィールカードはクリエイターのチャンネルに関する情報のみを提供することを意味しますこの機能は、各ユーザーが独自の完全なコメント履歴を持っているRedditの機能と非常によく似ています。

Tom Leungはまた、先週発表された通知で次のように説明しています。「プロファイルカードは、作成者がレビュー担当者の書いていることを理解するのに役立ちます。」 「YouTubeコミュニティの他のユーザーとの交流が強化され、クリエイターが最高のレビューアを認識できるようになることを願っています」と彼は付け加えました。

なお、この新機能は、クリエイターが嫌がらせのコメント投稿者を特定するのにも役立ちます。つまり、トロールにのみ表示されたり、ディスカッションが中断されたり、問題が発生したりするコメント投稿者を特定できます。 動画クリエイターは、誰かのコメント履歴を表示することで、同じユーザーからのコメントをブロックするかどうか、または逆に、ユーザーが「承認済みユーザー」リストに掲載されてコメントが公開されるほど信頼できるかどうかについて、より賢明な判断を下すことができます。

Creator Insiderが明らかにするように、プロファイルカード機能を使用すると、コンテンツクリエーターはカスタマイズされたメッセージを表示して、さまざまな新規サブスクライバーにアピールできます

現在このテストに参加しているユーザーの数は定かではありませんが、受け取ったフィードバックは有望なようです。 さらに、この新しいプロファイルカード機能と同様に、多くのYouTubeの新機能がベータ段階にあります。 YouTubeの新機能の詳細については、ここをクリックしてください。

結語

この記事はYouTubeの新しい機能「プロフィールカード」の基本情報を紹介しました。少しでもお役に立ちましたら幸いでございます。また、もしMiniToolについて何かご質問/ご意見がありましたら、お気軽に[email protected]までご連絡ください。

  • Linkedin
  • Reddit