Googleの動画プラットフォームYouTubeが、収益性の広告ビジネスをサポートするために13歳未満の子どもの個人情報を違法に収集したことで1億7000万ドルの罰金を科されました。この事件を踏まえて、YouTubeは新たな子どもプライバシーポリシーを実施することに同意しました。このポリシーについて、MiniToolで詳細を確認することができます。

Googleが広告を売って利益を得るためにユーザーの個人情報を収集しているという主張はここ数年定期的に出てきているが、今回、YouTubeが製品の広告を売るために子供の個人情報を収集しているというニュースは衝撃的だった。

しかし、このような違法行為には必ず代価が伴う必要があります。そのため、YouTubeの親企業であるGoogleは、子ども向けの新しい保護システムを提供することに同意し、1億7000万ドルの罰金を支払うことになりました。

個人データが知らないうちに収集されることを避けるためには、ステルスモードでユーチューブ動画を視聴してみるのもいい。 次に、このモードについて説明します。

YouTubeに対する罰則

消費者団体から苦情を受けた連邦取引委員会とニューヨーク州検事総長は、1年にわたる調査を開始し、YouTubeに対する懲罰的措置を発表しました。広告を販売し、動画の高評価を得るために、YouTubeは13歳未満の子供のデータを違法に収集しているという。

この事件の結果、Googleは1億7000万ドルの罰金を科され、事件の罪を認めないまま和解で子どものための新しいプライバシー保護を提供しました。罰金と保護措置の変更については、2名の委員が反対票を投じ、賛否が分かれた。

YouTubeのCEOであるSusan Wojcicki氏は、動画プラットフォームの変更には、子ども向け動画へのコメントをオフにすることや、子ども向け動画のデータ収集をオフにすることなどが含まれると述べています。

しかし、クリエイターがこれらの変化に適応する時間を確保するため、罰則は1月まで適用されないので、子ともを数ヶ月間オフラインにしておいたほうがよいでしょう。

FTCの指導者の中には、今回の罰金は過去の同様のケースで支払われた金額をはるかに上回ると指摘する者もいれば、より高額な罰金を求め、YouTubeのビジネス慣習の大きな変革を要求する者もいました。

テクノロジー企業をたびたび批判しているミズーリ州のジョシュ・ホーリー上院議員は、YouTubeが支払う罰金は、子どものプライバシーを侵害されたアメリカの親に対する侮辱であるとツイッターで発言しました。

これはGoogleの唯一の問題とは程遠いものです。米司法省は、同社の検索プラットフォームに対する反トラスト法調査を開始しました。Googleは、同社の検索エンジンは独占的なものではないと主張しています。

1億7000万ドルの罰金は、前四半期のGoogleの利益の2%未満に相当します。児童擁護団体は、YouTubeはそもそも児童オンラインプライバシー保護法に違反すべきではないと主張しているが、和解案では、動画プラットフォームが1月から同法に違反するのをやめるよう求めています。

Rohit Chopra委員は和解案に反対票を投じ、YouTubeを止めるにはペナルティが弱すぎると述べた。一方で、YouTubeがチャンネルで童謡やアニメなどの子供向けコンテンツで子供を誘惑し、儲かる行動広告ビジネスを養っていると訴えました。

YouTubeの反応

YouTubeは、子どもに対する新たな保護措置に同意し、和解金として1億7000万ドルの罰金を支払った後、YouTubeで子ども向けコンテンツを視聴した人のデータは、ユーザーの年齢にかかわらず、子どもからのデータとして扱うとしています。また、YouTubeは、13歳以下の子どもが一人で動画を見る必要がある場合、YouTube Kidsのプラットフォームを利用することを推奨しています。

YouTube Kids

YouTube Kids–不適切の動画コンテンツから子供を守る
YouTube Kids–不適切の動画コンテンツから子供を守る

この記事はYouTube Kidsの基本情報と使用方法を紹介しました。

もっと見る

YouTubeクリエイターは、子供向けのタグ付けをする責任があり、子供向けコンテンツにパーソナライズされた広告を提供するオプションは削除されます。YouTubeは、オリジナルの子供向けコンテンツの制作者のために、1億ドルの基金を設立しています。

また、YouTubeはユーザーの増加に伴い、今回の変更が必要であることを認めています。YouTubeは初期の頃から13歳以上向けのサイトだったというが、ファミリー向けコンテンツのブームや共有デバイスの台頭により、子どもたちが監視なしに動画を視聴する可能性が高まっているという。

結語

この記事はGoogleの動画プラットフォームであるYouTubeが、広告目的で子どもの個人情報を違法に収集したことにより、1億7000万ドルの罰金と新しい子どもプライバシー保護システムの導入に合意した事例を説明しました。

この事件について、どのようにお考えですか? 以下のコメント欄にご意見をお聞かせください。

  • Linkedin
  • Reddit