YouTubeの年齢制限により、ある動画を視聴できない場合はありますか?そんな時にどうすればその動画を観られますか?今回はMiniTool よりYouTubeの年齢制限を解除して制限された動画を視聴する方法を紹介していきます。

YouTubeで動画を視聴する時に、「この動画は、一部のユーザーに適さない可能性があります」というようなメッセージが表示される場合はあります。それは再生しようとする動画に年齢制限がかけられているからです。

年齢制限のあるYouTube動画を引き続き視聴したい場合は、いくつの方法があります。それでは、次の内容を見てみましょう。

ブロックされているYouTube動画を視聴する4つの方法
ブロックされているYouTube動画を視聴する4つの方法

YouTubeで動画を見るのは非常に面白いです。しかし、お住まいの国では、一部の動画が利用できない場合、ブロックされているYouTube動画を見るにはどうすればよいですか?

もっと見る

YouTubeで年齢制限の動画を視聴する方法

YouTubeの年齢制限動画は、Googleアカウントで18歳以上になっていないと再生できません。しかし、以下の2つのURL トリックを使用してYouTube の年齢制限を回避することができます。

トリック1

YouTube動画URLを取得して、watch?v =をembed /に置き換えます。新しいURLにアクセスすると、ターゲット動画を直接ブラウザで再生できます。

これで、YouTubeの年齢制限を無視して動画を視聴できるようになります。

トリック2

または、動画URL中のyoutube.com部分の前にnsfwを追加することもできます。 このようにして、動画を別のサイトで再生できます。

YouTubeで年齢制限を解除する方法

YouTubeのセーフモードは、未成年がYouTubeでNSFW動画を視聴できないようにすることを目的としたYouTubeの年齢制限ガイドラインの一部です。そこで、YouTubeの年齢制限を解除するには、以下3つの方法があります。

#1: 生年月日を追加または更新する

YouTubeの年齢制限ガイドラインは、NSFWのYouTubeコンテンツを若者が情報に基づいた選択をできないようにするために使用されています。 したがって、Googleの制限は、Google Plusプロファイルのユーザーの年齢に基づいています。

つまり、年齢制限を解除するには、Google Plus Webサイトにアクセスし、生年月日を追加/更新する必要があります。

手順1:まず、メールアドレスとパスワードを使用してGoogleアカウントにログインします。

手順2:「ホーム」タブをクリックし、「プロファイル」タブをクリックします。

手順3:「バージョン情報」タブをクリックして、プロファイルに関する情報を確認します。

手順4:性別、誕生日などのオプションを見つけて、誕生日オプションの横にある鉛筆アイコンをクリックします。

手順5:生年月日を入力し、「保存」をクリックして、Google Plusプロファイルで生年月日を更新または追加します。

#2:セーフモードを無効にする

手順1: YouTubeホームページにアクセスします。

手順2:プロファイルをクリックして、「制限付きモード」を選択して、を表示されたダイアログボックス内のスイッチをクリックし、オフに切り替えます。

YouTubeの年齢制限を回避して、NSFWのYouTube動画を視聴できるようになりました。 YouTubeの制限付きモードは各デバイスにバインドされているため、各デバイスを個別に無効にする必要があります。 したがって、作成するプロファイルごとに、複数のプロファイルを処理するブラウザを無効にする必要があります。

YouTube Kids–不適切の動画コンテンツから子供を守る
YouTube Kids–不適切の動画コンテンツから子供を守る

この記事はYouTube Kidsの基本情報と使用方法を紹介しました。

もっと見る

結語

この記事はYouTubeで年齢制限の動画を視聴する方法を紹介しました。少しでもお役に立ちましたら幸いでございます。また、もしMiniToolについて何かご質問/ご意見がありましたら、お気軽に以下のコメント欄でお知らせください。

  • Linkedin
  • Reddit