MP4動画を保存するためのストレージデバイスをお探しですか? 理想的なのは、やはりDVDディスクでしょう。 Clir社によると、ディスクの予想寿命は20年から100年と言われていますので、MP4をDVDに焼く方法を見てみましょう。 ここではMiniToolより異なるシステムで実施する方法を紹介します。

DVDとは、映像や音声などのデジタルデータを保存できるデジタルディスクの記憶媒体で、DVDに保存した後、パソコンやDVDプレーヤーでデータを読み取ることができるようになっています。

DVDとは何か、DVDを再生する方法を理解した上で、MP4をDVDに変換する方法を学びましょう。

次に、DVDに書き込む2つの方法と3つの良いMP4 DVD変換ソフトをご紹介します。

実際の操作を行う前に、以下のものをご用意ください。

  • ブランクDVD。
  • 外付けDVDドライブ
  • MP4をDVDに変換するソフト

WindowsでMP4をDVDに焼く

まず、パソコンに内蔵されている書き込みソフトを使ってみましょう。 Windowsユーザーであれば、内蔵の書き込みプログラムを使ってMP4ファイルを直接DVDに書き込むことができます。

手順1.パソコンにCDトレイが付いている場合は、空のDVDを挿入します。パソコンにCDトレイがない場合は、DVDドライブをパソコンのUSBポートに接続し、DVDを入れます。

手順2.DVDに書き込みたいMP4ファイルを探します。

手順 3. 対象となるファイルを選択した後、メニューバーの「共有」をクリックすると、「ディスクへの書き込み」オプションが表示されます。

手順4.その後、ウィンドウがポップアップし、「書き込み」をクリックしてMP4をDVDに変換します。

MacでMP4をDVDに焼く

Macユーザーであれば、無料のMP4-DVDコンバーター「Burn」を使用して同じ目的を達成することができます。

手順1.MacにBurnをダウンロードしてインストールします。

手順2.DVDドライブをコンピューターに接続し、準備したドライブに空のDVDを挿入します。次に、Burnを起動してメインインターフェイスを取得します。

手順3. 「ビデオ」タブに切り替え、ディスクの名前を入力して、右上のドロップダウンリストから「DVD-ビデオ」を選択します。

手順4.ウィンドウの左下にあるプラスボタンをタップします。ポップアップウィンドウからターゲットビデオを選択し、「開く」をクリックします。

手順5.その後、MP4をDVD形式に変換するように求められます。「変換」をクリックして続行します。

手順6.変換が完了したら、右下の「書き込み」をクリックします。書き込みが完了したら、DVDをドライブから取り出し、DVDドライブを取り外します。

手順7.最後に、DVDプレーヤーを使用してテレビでビデオを楽しむことができます。

MP4をDVDにするより詳しい内容については、こちらの記事をご覧ください。

MP4→DVD変換ソフトトップ3

MP4からDVDへの書き込み方法を学んだ後、ここでは3つの最高の無料のMP4からDVDへのコンバーターを紹介します。

#1. DVDStyler(LinuxおよびWindows用)

すべてのOSに対応した、無料のオープンソースMP4 →DVDコンバータです。MP4以外にも、WMV、AVI、OGGなどのフォーマットの書き込みにも対応しています。これを使えば、MP4をDVDに書き込んだり、DVDメニューをパーソナライズすることができます。

YouTubeからOGGへ–YouTube動画をOGGに変換するコンバータ トップ8
YouTubeからOGGへ–YouTube動画をOGGに変換するコンバータ トップ8

この記事はYouTube動画をOGGファイルに変換するツール8つを紹介しました。

もっと見る

#2. DVD Flick

DVD Flickは、簡単に使えてパワフルなDVDオーサリングツールです。45種類以上のファイル形式、60種類のビデオコーデック、40種類のオーディオコーデックに対応しています。使いやすいインターフェイスで、MP4を制限なくDVDに書き込むことができます。

#3. Free DVD Burner

Free DVD Burnerでは、MP4をDVD+R、DVD+RW、DVD-RWなどのほとんどのDVDディスクにフルスピードで書き込むことができます。

結語

この記事はMP4をDVDに焼く方法を紹介しました。少しでもお役に立ちましたら幸いでございます。また、もしMiniToolについて何かご質問/ご意見がありましたら、お気軽に以下のコメント欄でお知らせください。

  • Linkedin
  • Reddit