お子さまがYouTubeの動画を見るときに、不適切なコンテンツを見てしまわないか心配ですか? ここでは、MiniToolより子供たちが安心してYouTubeの動画を見られる環境を作の有用なアドバイスをいくつか提供していきます。

かつて、子供たちの楽しみといえば、テレビ番組が中心でありました。しかし、情報化時代の進展に伴い、テレビ番組に加えて、最近の子供たちもYouTubeの動画を見るのに多くの時間を費やしています。

しかし、YouTubeの公式ポリシーによると、子供がYouTubeアカウントを登録できるのは13歳になってからです。 しかし、多くの親は、子供が一人で静かに遊ぶことができるようにするために、このルールを回避して自分のアカウントを作成している場合はあります。

Common Sense Mediaの調査によると、8歳未満の子供はモバイルデバイスで1日平均48分を過ごし、オンラインでの合計再生時間は2時間19分です。

視聴環境の浄化

世界最大の動画共有プラットフォームであるYouTubeには、毎日たくさんの素晴らしいコンテンツがアップロードされているので、小さな子どもでもYouTubeに引き込まれやすいでしょう。 しかし一方では、YouTubeでカバーされているコンテンツの幅が広いために 窃盗/ポルノ/ヘイトスピーチ/神への冒涜などの不適切なコンテンツは、子どもたちに任せておくと目にする可能性があります。

YouTubeもこのような事態に備えて、いくつかの対策を講じています。例えば、「YouTube Kids」というサービスを作り、子どもが見るには不適切な動画コンテンツをキャッチするためのフィルターを設定しています。また、YouTubeは子供向けのアダルトコンテンツのビデオチャンネルからの広告収入を禁止しており、このようなマーケティングを阻止しています。

さて、YouTubeを子どもたちにとってより安全なものにする方法を知りたい方は、次のセクションでいくつかの役立つヒントをご紹介します。

YouTube Kids–不適切の動画コンテンツから子供を守る
YouTube Kids–不適切の動画コンテンツから子供を守る

この記事はYouTube Kidsの基本情報と使用方法を紹介しました。

もっと見る

ファミリーアカウントを設定する

不適切なコンテンツからお子さまを守りたい場合は、家族用のYouTubeアカウントを設定してみてはいかがでしょうか。まず、新しいGmailアカウントを作成し、関連するYouTubeチャンネルを設定する必要があるかもしれません。

ファミリーアカウントを利用することで、ビデオのプレイリストをカスタマイズしたり、家族向けのチャンネルを登録することができます。お子さまがこのアカウントを使ってビデオを視聴すると、左の履歴リストに表示されます。そうすれば、彼らの視聴状況を把握することができます。

このアカウントをより安全にするために、以下のような設定を追加することができます。

  1. 「検索」オプションを無効にし、「履歴を見る」を一時停止します。これらの操作により、お子さまが視聴した動画からYouTubeが情報を収集するのを防ぐことができます。
  2. YouTube のセーフティーモード/制限付きモードを有効にします。ご家族が複数のブラウザで YouTube にアクセスしている場合は、すべてのブラウザでこの設定を行ってください。
  3. セーフティーモードをロックするには、お客様のログイン認証情報で保護してください。
  4. 不適切な動画にタグを付けて原因究明に協力する。YouTubeには、これらの通知を監視する担当者がいます。報告された動画は、あなたのチャンネルから自動的にブロックされます。
  5. 自動再生をオフにする。リストの次の動画が適切でない可能性があるので、YouTubeが自動的に動画を起動しないようにするのがベストです。

個人アカウントの安全性

ティーンエイジャーの年齢になると、お子さまが家族のチャンネルを使うことを嫌がったり、設定したプレイリストに制限されたりすることがあります。そのような場合には、以下のような工夫をすることで、お子さまが自分のチャンネルで安全にYouTubeを利用できるようになります。

  1. シスコが提供するOpenDNSなどのネットワークサービスを利用して、コンテンツのフィルタリングやセキュリティ層を追加する。
  2. ネットワークフィルタリングソフト(Norton Family Premier/McAfee Security's Safe Eyesなど)で監視する。お子様が不適切なビデオを見ている場合には、これらのプログラムが警告を発し、不快なビデオをブロックすることができます。

もっと親の責任を知る

お子さまの視聴に不適切なコンテンツを、YouTubeが完璧にフィルタリングしてくれるとは限りません。正直なところ、子供にとって最も有効なフィルターは親であり、その親とコミュニケーションをとるのはあなたの責任です。

保護者の方は、お子さまにYouTubeを利用する際の注意点を伝え、必要に応じてお子さまがそれを実行するよう監督することで、お子さまをしっかりと見守っていることがわかります。

  1. ランダムに電話チェックをする。相手の視聴履歴を確認する。何もない場合は、疑ってかかってください。読んではいけないものを読んだことがバレないように、履歴を削除している可能性があります。
  2. お子さんが使用するアプリケーションやブラウザの制限モードが有効になっていることを確認してください。
  3. 不適切なものを見たときにどうすべきか、ルールに従わなかった場合の結果について、子どもたちに話しておきましょう。
  4. お子さんのユーザー名とパスワードを知っておく必要があります。

YouTubeにコンテンツをアップロードする

YouTubeでは、誰でも簡単・手軽にコンテンツをアップロードすることができます。子供たちは自分でビデオを作ることもできますが、監督なしでコンテンツをアップロードすると、悲惨な結果を招く可能性があります。例えば、自分の身元や位置情報などの個人情報を明かしてしまう可能性があります。

お子さまが動画をアップロードしようとした場合、親として次のような対応をしてお子さまを守ってあげてください。

  1. 安全に非公開で動画をアップロードすることができます。
  2. まずは非公開で公開しましょう。非公開でアップロードすると、家族などリンクを持つ人が動画を見ることができますが、一般には公開されません。
  3. 動画のコメントを消す。

その後は、子どもたちが安心してアップロードできるようにすることです。

結語

この記事は子ともにとって安全なYouTube視聴環境を作るためのアイデアを提出しました。少しでもお役に立ちましたら幸いでございます。また、もしMiniToolについて何かご質問/ご意見がありましたら、お気軽に以下のコメント欄でお知らせください。

  • Linkedin
  • Reddit