ほとんどすべての音楽は著作権で保護されています。YouTubeでは、曲が著作権で保護されているかどうかを簡単に判断して、無料の音楽を手に入れることができます。高品質な音楽が必要で、BGMを問題なく使いたいなら、下記の2つのサービスのどちらかを購入することをお勧めします。今すぐMiniToolによるこの記事から詳細を見てみましょう。

曲が著作権で保護されているかどうかを知るにはどうすればいいですか?実は、ほとんどすべての音楽は著作権で保護されています。著作権が侵害されているかどうかは、曲の使い方次第です。

私的使用の場合:収益化するつもりはなく、スマホや自作動画でしか再生されないなら、何も問題はありません。

教育や商業目的の場合:動画に音楽を追加してからYouTubeにアップロードしたい場合は、ルールを守って慎重に行う必要があります。

したがって、曲が使用可能であるかどうかを確認する方法を知っておく必要があります。ここでは、いくつかの方法をご紹介します。

関連記事:7つのコツ|YouTubeで著作権を回避する方法

曲が著作権で保護されているかどうか確認する方法

曲が持っている権利を確認する1つの良い方法は、YouTubeの音楽ポリシーにアクセスすることです。

ステップ1:リンクをクリックして、アカウントにログインします。

ステップ2: 検索ボックスに、任意の曲の名前を入力します。

ステップ3:そのタイトルの左に表示される小さな矢印ダウンをクリックします。

ステップ4:すると、ポップアップが開き、曲が持っている権利の詳細が表示されます。それは、世界のどの国でオリジナルの曲を動画のカバーや説明として使用することが許可されているのかを説明しています。

YouTubeで曲が見つからない場合はどうしますか?

曲がYouTubeの音楽ポリシーセクションに表示されないのは、その曲が任意の著作権を持っていないことを意味するものではありません。著作権があるかもしれませんが、それはYouTubeのデータベースにない場合があります。

検索している曲がYouTubeにない場合は、さらに詳細な調査を行う必要があります。それが70年以上前のものであれば、パブリックドメインの音楽である可能性が高く、問題なく使用できます。PDInfoのサイトには、このような曲がたくさん掲載されています。

とにかく、100%確信が持てない場合は、動画やチャンネルでそれを使用しなく、リスクを冒さないことが最善の方法です。そうしないと、音楽の作者が動画をブロックしたり、動画から利益を得たりできるだけでなく、自分自身が法的な問題に直面することにもなるかもしれません。

著作権の侵害を回避する方法

動画またはコマーシャルにBGMを追加する必要がある時、ロイヤリティ フリーの曲を使用することをお勧めします。このタイプの音楽と効果音を使用すると、著作権ガイドラインに従うことができます。

YouTubeオーディオライブラリを使用するのはよい選択です。そこで、さまざまなジャンルの何千ものロイヤリティ フリーの曲を見つけてダウンロードできます。

関連記事:YouTubeオーディオライブラリから無料の音楽を入手する

YouTubeオーディオライブラリ

ここでは、右側に小さな記号でマークされていて、いわゆる帰属表示にご注意ください。帰属とは、特定の曲または効果音を使用する場合、動画の説明文の中で、使用している音楽の作者が誰なのかを説明するように求められるということです。

しかし、動画やCM、映画、デジタル製品に誰も入れたくない場合や、より高品質な音楽が必要な場合はどうしたらいいのでしょうか?次の部分を見てみましょう。

商業プロジェクトのための著作権フリーの音楽

次の2つの最良のオプションを通じて、関連する使用ライセンスを取得することができます。

Epidemic Sound:

Epidemic Soundは、30万を超えるトラックが掲載されているライブラリを備えた無料の音楽配信専用のプラットフォームです。

Envato Elements:

Envato Elementsはもう一つの良い選択です。ここでは、ジャンル別に分類された何千もの曲や効果音を見つけることができます。その月額は14.50€で、非常に手頃な価格です。

関連記事:YouTubeの削除依頼とは?対処法は?

結語

曲が著作権で保護されているかどうかをどうやって確認するのか疑問に思ったら、本記事をお読みください。

結論として、YouTube音楽プラットフォームでは、曲が著作権で保護されているかどうかを簡単に確認することができます。一方、YouTubeは無料の音楽を簡単に手に入れることができるようにしてくれています。しかし、高品質の音楽が必要で、BGMを問題なく使いたい場合は、上記の2つのサービスのいずれかを購入するのがベストだと思います。

  • Linkedin
  • Reddit