14歳の少女Sophは、人種差別や反イスラムのビデオをアップロードすることで、YouTubeに100万人近いフォロワーを所有しています。これらのビデオは、扇動的なメッセージや暴力的な演説を広めており、ビデオを見た子どもたちに非常に有害です。

YouTubeは極右クリエイターSophのアカウントを禁止

8月1日、YouTubeは極右クリエイターSophが「Pride and Prejudice」という動画をアップロードしたため、そのアカウントを削除しました(YouTube動画を作成するならMiniTool より開発したソフトウェア- MiniTool Movie Makerをお試しください)。この動画では、彼女はLGBTコミュニティについて自分の意見をフォロワーに伝え、LGBTに対してフォロワーを煽っています。

YouTubeが極右クリエイターSophのアカウントを削除した理由

動画内容がYouTubeのヘイトスピーチポリシーに抵触していると言われています。もちろん、YouTubeはこの「高慢と偏見」のビデオのせいで、コミュニティ・ガイドラインのストライキによって彼女のチャンネルを取り上げることはないでしょう。では、なぜSophのアカウントはYouTubeから追放されたのでしょうか?

BuzzFeed Newsによると、Sophがヘイトスピーチポリシーに違反するのは今回が初めてではありません。今年、彼女はYouTubeのCEOであるSusan Wojcickiを殺すと脅迫しました。YouTubeは彼女のアカウントを抹消し、一時的に停止させたが、彼女はまだYouTubeチャンネルを維持している。

6月、プラットフォーム上でのヘイトスピーチに対するYouTubeの保守的な姿勢のため、YouTubeは広く非難された。特に右翼クリエイターのソフは、人種差別や反イスラム、LGBTコミュニティに対する動画を投稿していた。

しかし同月、YouTubeは差別や隔離、排除を含む極右クリエイターの動画を取り締まることを目的とした新たなヘイトスピーチポリシーを発表しました。

Sophのアカウントが削除された後も、彼女は特徴的な動画の投稿を諦めていません。彼女は、クリエイターを第一に考え、自由にアイデアを表現できる動画共有プラットフォーム「BitChute」に動画をアップロードすることを選択しました。

YouTubeストライクについて知っておくべきこと

このパートでは、YouTubeストライキについて詳しくご紹介します。

YouTubeは、ユーザーがアップロードするコンテンツがコミュニティガイドラインに3回違反すると、ユーザーのチャンネルを永久に削除します。ストライキが発動されるたびに、詳細な通知がメールで届きます。

初めてコミュニティガイドラインに違反した場合、1回ストライキではなく、警告を受け取ることになります。警告は1回だけで、次回はストライクを受けます。

動画のコンテンツが再びポリシーに違反した場合、1回ストライキを受けることになります。つまり、YouTubeでの動画、ストーリーのアップロード、カスタムサムネイルの作成、ライブ配信ができなくなります。そしてその時間はそれは1週間続きます。その後、ユーザーは完全な特権を使用することができますが、ストライキはまだ90日間アカウントに保持されます。

90日の間に2回目のストライキを受けると、2週間はコンテンツの投稿ができなくなります。この期間中に2回目のストライキを受けると、2週間投稿ができなくなりますが、ルールに従って投稿し、問題がなければ、2週間後に全権利が回復します。

同じ90日の間に3回目のストライキを受けた場合、あなたのチャンネルはYouTubeから永久に削除されます。

したがって、間違いを犯さないために、YouTube コミュニティ ガイドラインについて学び、コンテンツがそのポリシーに従っていることを確認する必要があります。

YouTubeアカウントを作成、確認および削除する方法【役立つヒント】
YouTubeアカウントを作成、確認および削除する方法【役立つヒント】

人気のある動画共有ウェブサイトとしてのYouTubeはほとんどのネットユーザーにとって不可欠なものです。YouTubeアカウントの作成、確認、または削除を検討したことがありますか?

もっと見る

結語

現在、世界のいたるところで言論の自由が叫ばれていますが、だからといって誤った言論をむやみに流布するわけではありません。YouTubeは、動画クリエイターが人種差別、陰謀、フェイクニュース、反LGBT、反イスラム、ヘイトスピーチを広めることを禁止するよう努力しています。

このような誤った情報がネット上で拡散されると、人々、特に若い人たちにとって非常に致命的なものとなります。 私たちは自分の考えを自由に表現する権利がありますが、そのような有害なコンテンツから子どもたちを守り、より良いインターネット環境を提供することも重要です。

  • Linkedin
  • Reddit