この記事では、主にカバーソングについての情報を紹介します。あなたが作成したYouTubeビデオに他人の音楽を使用し、著作権の侵害を避けたい場合、この投稿はYouTubeのCreator Insiderチームによって投稿された他人の音楽の使用をめぐる詳細な問題を提供しています。MiniToolより詳しい内容を見てみましょう。

自分のYouTube動画を創作する時に、他人のオリジナル曲を使いたいと思う場合はありますか?こういう意図がある場合は、まず、YouTubeの著作権侵害警告を回避する方法を知っておく必要があります。

TikTokでは、動画作成者は、法的な影響を受けることなく、好きな曲に合わせてフェイクで歌ったり踊ったりすることができます。 しかし、YouTubeの動画に他人の音楽を使用することは、深刻な侵害行為となります。

また、YouTubeには、ユーザーによる動画コンテンツでのカバー曲の使用に関するポリシーがあります。 動画の内容が歌であったり、著作権で保護されたメロディに合わせてハミングやタップをしている場合、アップロード者には著作権を削除する権利があることが明記されています。

YouTubeの音楽

YouTubeでの著作権侵害申し立てを回避する方法
YouTubeでの著作権侵害申し立てを回避する方法

この記事はYouTubeで著作権侵害申し立てを回避する方法を紹介しました。

もっと見る

クリエイターが知っておくべき、YouTubeでのカバー曲の使い方とは?

YouTubeのCreator Insiderチームは、カバーソング、リミックス、ライセンス楽曲の偶発的または意図的な使用に対するコンテンツIDと著作権の主張など、他人の音楽の使用をめぐる問題について詳しく説明したビデオを公開しました。主なポイントは以下の通りです。

#1: 著作権で保護された曲を鼻歌で歌うと、著作権侵害になる

YouTubeのポリシーでは、それぞれの楽曲には2種類の著作権が存在します。1つは、メロディの背後にあるソングライターまたはソングライティングチーム、つまり音楽と歌詞を作った人のものです。2つ目の著作権は、アーティストのためのもので、演奏者だけでなく、曲の録音も対象となります。

自分や他の人が著作権のあるメロディを鼻歌で歌っている動画を無断でアップロードすると、著作権を侵害していることになり、結果として動画が削除されることがあります。

関連記事:YouTube削除リクエストとは何ですか? どのように対処しますか?

#2:歌詞ビデオを作っても著作権侵害になる

また、背景画像に歌詞を無断で付加することも著作権侵害にあたります。

これらの歌詞は、音楽出版社が所有している場合があり、YouTubeでの音楽や歌詞の使用を含め、楽曲の著作者を保護しています。

# 3:著作権のある曲を楽器で演奏したらどうなるの?

識別可能なメロディ・バージョンは、しばしばマスター・レコーディングと呼ばれ、著作権はこの有形資産をカバーしています。クリエイターとしては、マスターのクリップを無断で使用すると、著作権法違反になる危険性があります。フラグメントをリミックスに使用したり、歌ったり、楽器を演奏したりすることはできません。

#4:すべての楽器を演奏したらどうなるの?

クリエイターは、「自分ですべての楽器を演奏した」「曲を再現した」「新しいオーディオトラックを録音した」などと主張して、著作権の削除に異議を唱えることがよくあります。しかし、楽曲を使用しているのであれば、出版社やソングライターは正当な主張をしていることになります。

著作権者から訴えられるのはどのような形のカバーなのか?

YouTubeの著作権チームは、音楽と歌詞が権利者に属している場合、クリエイターが著作権の主張を受けやすい可能性があることを確認しました。

  • アカペラの使用
  • ハム
  • 歌詞を声に出して読む
  • 再録音
  • リミックスやマッシュアップでマスター音源を使う
  • 公開された映像に歌詞をつける、

#6: フェアユースとライセンス楽曲のパロディ

フェアユースは非常に複雑なテーマですが、どのような主張であっても、裁判官は以下の点を考慮します。

  • 著作権のある作品の性質
  • 取られた部分の量と内容
  • 潜在的な市場に対する使用の影響
  • 著作権のある作品の性質

動画クリエイターとしては、動画の中で曲を使用したり、元の歌詞にコメントをつけたり、揶揄するような形で歌詞を変更したりすると、フェアユースの議論になります。フェアユースは、構成をどのように解釈するかによってすべてが決まるので、保証はありません。したがって、パロディは絶対に主張の対象となり得ます。

#7:楽曲のカバーとベネフィット化

著作権で保護された楽曲を演奏する動画をYouTubeにアップロードした場合、パートナープログラムに参加していると、YouTubeはパブリッシャーと動画の作成者の間で収益をシェアします。これを "カバー・リブ・シェア "と呼びますが、新バージョンは必ずしも単純なカバーではありません。

YouTubeは、著作権者の許可を得た上で、クリエイターに収益化の選択肢を与えることで、クリエイターに報いる方法を模索したいと考えています。

結語

結論から言うと、YouTubeにカバー曲を投稿するために最も重要なことは、許可を得ることです。もしあなたが、著作権の警告を回避しつつ、他人の音楽を自分のYouTube動画で使用したいのであれば、この記事を注意深く読む必要があります。

  • Linkedin
  • Reddit