YouTubeで動画を公開しているクリエイターは、注意しないと著作権侵害の警告が表示されます。もちろん、サウンドトラックを含めた映像コンテンツが完全にオリジナルであれば、このような事態は避けられます。 しかし、独立クリエイターにとっては非常に難しいことです。今回はMiniToolよりYouTubeで著作権侵害申し立てを回避する方法を紹介していきます。

YouTubeは現在、世界最大級の動画プラットフォームであり、毎日何十億もの動画が視聴されています。 また、日々アップロードされるYouTube動画の内容は多種多様で無数にあり、多くの動画作成者が著作権侵害の申し立てを受けています。

YouTube

著作権で保護されたコンテンツとは、そのコンテンツが発信者に固有のものであることを意味しますが、YouTubeは「公正使用」の余地を残しているため、誤用や悪用の可能性があります。

最高の著作権フリー動画素材サイト
最高の著作権フリー動画素材サイト

この記事は著作権フリー動画素材サイトを5つを紹介しました。

もっと見る

YouTubeでの著作権侵害を回避する方法

次のセクションでは、著作権侵害の申し立てを受けないようにするための7つのヒントを紹介します。

#1 - ロイヤルティフリーの音楽を動画のBGMとして使用する

まず、大手レーベルの音楽を使わないことにしましょう。なぜなら、このような音楽を用いると、アップロードしたコンテンツから得た利益、基本的に音楽の発表元のものになります。

このように、どのコンテンツチャンネルが無料の動画共有を許可しているかを把握する必要があります。

YouTubeオーディオライブラリから無料の音楽を入手する
YouTubeオーディオライブラリから無料の音楽を入手する

YouTube動画を作成するには、動画に音楽を入れることが重要です。では、YouTube用の著作権フリー音楽を見つける方法は何ですか? YouTubeオーディオライブラリを選択できます。

もっと見る

#2 - オリジナル動画をアップロードする

自分のカメラで撮影した動画をアップロードすることで、他のソースからコンテンツにアクセスされることを防ぐことができます。

自分のデバイスから写真を撮るときには、他の個人的なビジネス名、ロゴ、製品名など、著作権侵害の対象となりうるものがないことを確認してください。YouTubeは、自分以外の情報を編集して動画をブロックしたり、著作権を侵害したりすることはできません。

#3 - デリケートや違法な内容をアップロードしない

YouTubeでは、ローガン・ポールが死体動画を投稿した結果、クリエイターがアップロードするコンテンツに対する規制が厳しくなりました。また、YouTubeでは、ユーザーがサイト上で正しい言葉を使うことを保証するために、ヌードコンテンツを表示したり、露骨な問題を議論したりすることを禁止しています。

YouTubeは他のプラットフォームよりも未成年者の保護に力を入れています。そのため、子どもにふさわしくない内容の投稿も全面的に禁止されています。

公知のコンテンツをアップロードすることを考慮できます。多くのゴシップチャンネルは、有名人に関する動画を投稿していますが、ブログに公に投稿されている話題のみを取り上げています。これは、有名人による「名誉毀損」の訴えから市民を守る法律があるため、著作権の侵害や法的な請求を避けることができます。

しかし、個人の秘密や一般市民にとって有害な情報を話題にすると、訴訟の対象になることがあります。

#4 - エクストリーム・エディット

どうしても自分のチャンネルに載せたい、素晴らしいミュージックビデオがあります。唯一の問題は、YouTubeがそれを削除してしまうことですが、極端な編集をすると、"フェアユース "を主張してまだ動画を投稿するように警告されてしまいます。

#5 - 家族向けのビデオコンテンツを公開する

YouTubeは、ドメスティックバイオレンスのキャラクターが登場する動画に反対しています。広告主はそのような動画に広告を掲載せず、YouTubeはあなたのチャンネルの削除やブロックを検討するかもしれません。

#6 - FBIのコンテンツ警告を追加する

著作権侵害の警告を避けるためには、動画の導入部にFBIコンテンツの警告を入れるのが良いでしょう。これは、決してオリジナル作品を求めているわけではなく、著作権侵害の警告から動画を守るためのフェアユースポリシーに従っていることを意味します。

#7 - 動画にウォーターマークや著作権を追加する

動画にはロゴを付けるべきです。これは、他の人が自分のコンテンツを無断で使用するのを防ぐのに最適な方法です。

多くのYoutuberは、他の人が自分の動画を使用することによって提供される無料のプロモーションを楽しんでいますが、ウォーターマークがなければ、模倣者は簡単に完全な所有権を主張することができます。

自分の動画を認証するもう一つの方法は、著作権を取得することです。Copyrighted.comというサイトは無料で簡単に利用できます。フィンガープリント技術を使って、各ビデオに固有の識別子を作成します。フィンガープリントがあれば、自分の所有物を主張し、盗難に対して法的措置を取ることができます。

結語

この記事はYouTubeで著作権侵害申し立てを回避する方法を紹介しました。少しでもお役に立ちましたら幸いでございます。また、もしMiniToolについて何かご質問/ご意見がありましたら、お気軽に以下のコメント欄でお知らせください。

  • Linkedin
  • Reddit