料理の達人であり、料理制作に関する動画でYouTubeや他のソーシャルメディアで活躍したい場合は、先ずこの記事で紹介するいくつかの小技をしておくとよいでしょう。また、YouTubeで好きな料理動画をダウンロードしたい場合は、MiniTool uTube Dowloaderを使用することをお勧めします。

近年、YouTubeやTiktokなどのソーシャルメディアの繁栄により、多くの人が暇な時間に動画を視聴することにしました。数ある動画の種類の中でも、料理動画は多くの視聴者に愛されています。 そのため、近年、さまざまな動画サイトに料理や調理に関する動画が大量に登場しています。というわけで、自分の家庭料理をネットに投稿してみませんか?ここでは、高品質で実用的な料理動画を作成するための簡単なガイドを紹介します。

おすすめ記事:大人も子供も楽しめるYouTube料理動画おすすめ

料理動画の企画と脚本

料理や食品の動画を制作する前に最も重要なことは、企画と脚本を確立することです。このプリプロダクションの段階は、レシピのすべての材料を準備するだけでなく、それぞれの情報を脚本やショットリストとして提示するために不可欠なものです。

多くの動画制作者は、コンテンツをより魅力的に見せるために、大げさな描写を入れることが多い。 しかし、おいしい料理を作るには、レシピに使われている材料や調理の各工程が非常に精密である必要があるのです。 そのため、クリエイターが自分のスタイルを貫くためにアドリブを入れることを推奨していますが、内容が正しく、再現性があることが重要です。

また、視聴者がレシピの材料に迷わないように、動画にキャプションをつけるようにしましょう。 こうすることで、視聴者がレシピを思い出す際に簡単にアクセスできるようになります。

最後に、フルオーディオをテキストに書き起こして、オリジナルのスクリプトと相互参照したり、ビデオに字幕をアップロードすることも可能です。

料理動画撮影のポイント

テレビで料理番組を見るのが好きなら、ホストがまったく料理を作っていないように見えるかもしれません。 それどころか、ほとんどの場合、料理は放映前に食べられます。 自分で料理のビデオを作るとき、同じことをする必要があるかもしれません。

一番のテクニックは、動画を2つのショットに分けて考えることです。まず、撮影はシェフやホストに焦点を当て、カメラに向かってレシピやテクニックを説明します。ホストが一番きれいに見えるように、このように広くしっかりと3点ライティングで撮影する必要があります。

続いて、実際に準備され調理されている料理のクローズアップショットを使用します。撮影方法は、Tastyなどのオンライン料理ビデオでおなじみのトップダウン方式がベストです。椅子やテーブルの上に立つ必要があるかもしれませんが、高い位置から撮影することで、カウンターやコンロを一望でき、レシピの最初から最後まで撮影することができるのです。

編集、クローズドキャプション、字幕

ポストプロダクションのビデオ編集では、2つの単一のショットを組み合わせることで、マジックが起こります。

まず、ホストがレシピを説明するトラックを完全にスクラッチ編集する必要があります。これが動画全体の基本音声となります。ここから、動画ファイルをアップロードするだけで、字幕や外国語字幕のための外部リソースを使用した処理を開始できます。

クローズド・キャプションはアクセシビリティを促進し、オンライン・ビデオの85%は音声なしで視聴されています。外国語字幕は、他の言語や国への視野を広げます。

Verizonが行ったビデオキャプションに関する大規模な調査によると、字幕を使用した人の80%は聴覚障害者でもなく、同じ割合の人が字幕を付けてビデオ全体を視聴する傾向があることがわかりました。

YouTube動画に字幕を追加する方法
YouTube動画に字幕を追加する方法

この記事はYouTube動画に字幕を追加する方法を紹介しまhした。

もっと見る

食品関連の説明動画は、一般的なヒント・アドバイス動画に次いで消費者に占める割合が高いです。

スクラッチとトランスクリプトを追加する準備ができたら、料理の準備と調理の動作をクローズアップしてカットし始めましょう。編集が十分にシームレスであれば、2つのショットがリアルタイムで作業しているように見せることができ、わかりやすく、楽しい料理動画として、YouTubeやソーシャルメディアで良いパフォーマンスを発揮します。

結語

この記事はYouTubeアップロード用の料理動画を作る方法を紹介しました。他のいい撮影方法があれば、ぜひコメント欄で共有してください。

  • Linkedin
  • Reddit