お金、興味、またはその他の理由で、動画を作ってYouTubeで共有することが好きな人が増えています。しかし、中には「YouTubeに動画をアップロードできない」という報告もありました。この問題の原因は何でしょうか?MiniToolによるこの記事では、その理由と対応する解決策を紹介していきます。

YouTubeには毎日たくさんの面白い動画があります。動画を撮影し、編集してYouTubeにアップロードすることは、多くの人の生活の一部となっています。

しかし、YouTubeに動画をアップロードできないと多くの人が報告しています。なぜこの問題が起こるのでしょうか?考えられる原因は4つあり、それらのうちのどれがこの問題につながるかを次々と確認することができます。

# 1: インターネットの接続が不安定

YouTubeに動画をアップロードできない時、インターネット接続の不安定さが原因かどうかを確認する必要があります。

インターネットの速度をテストしたい場合は、Google Chromeインターネット回線の速度テストを検索して、インターネットの速度をテストすることができます。

インターネット回線の速度テスト

そのページをクリックすると、テスト プロセスが始まります。このプロセスが完了するまで数秒待つ必要があります。すると、お使いのインターネットの速度が表示されます。「詳細を表示」をクリックして、アップロード速度などを確認することもできます。

速度テストの結果

テスト結果は、インターネット接続が遅いことを示している場合は、この記事を読んでアップロード速度を上げてから、もう一度YouTubeに動画をアップロードしてみてください。

提示: Wi-Fiの電波強度を測定する方法については、こちらへ

# 2: 動画が大きいすぎる

アップロード速度を上げてもYouTubeに動画をアップロードできない場合、動画のサイズが大きすぎる可能性があります。この場合、YouTubeにアップロードしたい動画のサイズを確認してください。

なぜ大きなサイズの動画をYouTubeにアップロードできないのでしょうか?それは、プラットフォームにアップロード制限があるためです。

すべてのYouTubeクリエイターにアップロード制限があるわけではないことに注意してください。YouTubeアカウントが確認されている場合、最大12時間(最大128GB)のYouTube動画をアップロードできます。そうでない場合は、15分以下(最大2GB)の動画をアップロードできます。

アカウントが確認されていない場合は、2つの選択肢があります。1つは、すぐにアカウントの検証を行うことであり、詳細なチュートリアルについては、この記事 - 「YouTube動画の長さはどれくらいですか?長くすることができるか?」をお読みください。

注: 上記の記事では、確認後に長い動画をYouTubeにアップロードできない理由も紹介しています。

アカウントをすぐに確認したくない場合は、2つ目のオプションを選択し、動画のサイズを小さくしてみることができます。

# 3: 動画の解像度が高い

動画のサイズがYouTubeのアップロード制限を超えていないのに、動画をYouTubeにアップロードできない場合は、動画の解像度が原因であるかもしれません。

高解像度の動画のほぼすべての細部がはっきりと見えるため、より良い視聴体験が得られます。ただし、高解像度の動画のアップロードには時間がかかります。したがって、しばらくお待ちください。

# 4: 大量のアップロードトラフィック

YouTubeに動画をアップロードできない最後の理由は、ピーク時に動画をアップロードすることです。この場合、インターネット サービス プロバイダーがアップロードトラフィックのピークを記録し、動画をプラットフォームにアップロードするのに時間がかかる場合があります。

関連記事:YouTubeにアップロードするのにベストな時間帯

  • Linkedin
  • Reddit