Amazonが販売している人工知能アレクサ搭載のスピーカーをAmazon Echoは音楽を再生したり、情報を通知したり、Amazonで買い物したりなど色んなことができます。しかし、AlexaではYouTube動画を再生することはできません。そこで今回はMiniToolよりそれを実行する代替方法を紹介していきます。

Amazonが販売している人工知能アレクサ搭載のスピーカーをAmazon Echo、いつでもどこでも音楽を楽しむためのプロセスを大幅に簡素化します。アレクサを呼べば、自分で操作せずに簡単にサウンドトラックを流れることができます。

音楽専用のアプリやサービス以外、YouTubeで音楽を聴きたいという方も多いのではないでしょうか。YouTube内の音楽は無料で再生でき、新人アーティスト、メインストリームのアーティスト、スーパースター、過去のミュージシャンなど、数え切れないほどの楽曲やプレイリストがあります。

アレクサとは?

Alexaは、AppleのSiriやGoogle Nowなどに対抗するために開発された人工知能アシスタントです。Amazon Secret Lab126によって設計されたAlexaは、所有者からの音声コマンドを受け取り、文脈に応じて応答します。Alexaを使えば、Spotifyで曲を聴いたり、ToDoリストを作成したり、商品を購入したり、さらにはGoogleのサーモスタット「Nest」やPhilipsの「Hue」などのスマートホーム製品を操作することも可能です。

Amazon EchoにAlexaが搭載されると、スピーカーであると同時にスマートホームハブにもなります。 同時に、Alexaは他の多くのデバイスでも利用可能です。

他のAIアシスタントと同様に、Alexaはユーザーのコマンドを理解し、正確に応答することに多くの問題を抱えています。しかし、クラウドベースのサービスであるため、アマゾンは常にAlexaのインテリジェンスをアップデートして、いくつかの課題を克服しています。機械学習がより高度になるにつれ、Alexaはさらに賢くなることが期待されます。

Amazon Echo

アレクサでYouTubeを再生する方法

YouTubeの再生をAlexaがサポートしてくれますか? GoogleのYouTubeは、Amazon MusicなどのAmazon独自の音楽サービスに対抗するものです。このため、Alexaを使って直接YouTubeを再生することはできず、Bluetoothを使った外部機器が必要となります。

  1. お使いの機器のBluetoothを有効にして、検出可能であることを確認してください。
  2. Alexa, pair Bluetooth と命令を出します。
  3. 個人のデバイスで、Alexa対応のスピーカーを確認します。例えば、iPhoneの場合、「設定」→「Bluetooth」の順にタップして行います。これにより、ペアリングされたデバイスのリストが表示されるはずです。
  4. すると、Alexa対応スピーカーが「Echo-786」と表示されます。もちろん、iPhone上で名前を変更することも可能です。
  5. Alexa対応スピーカーをタップして、個人のデバイスとペアリングします。これで、ペアリングされたBluetoothデバイスのリストに「接続完了」と表示されるはずです。
  6. デバイスでYouTubeを開きます(アプリでもWebブラウザでも)。
  7. 目的の曲を検索して、再生アイコンをクリックします。すると、Echoのスピーカーで曲が再生されるはずです。

スピーカーが音楽を再生していない場合は、端末の共有メディアアイコン(矢印のついた四角形)をタップして、スマホがAlexa対応スピーカーと共有していることを再確認してください。

その後、再生停止、再生一時停止、音量アップ/ダウンが可能です。

結語

この記事はAmazonの人工知能アレクサでYouTubeを再生する小技を紹介しました。ご参考になされましたら幸いです。また、もしMiniToolについて何かご質問/ご意見がありましたら、以下のコメント欄でお知らせください。

  • Linkedin
  • Reddit