YouTubeでは動いている対象や動画の一部にぼかしをかける機能があります。これらの機能を使えば、アップロードした動画にカスタムモザイクを追加することができます。そこで今回はMiniToolよりこの二つの機能を紹介していきます。

場合によって、アップロードされたYouTube動画内の人物や特定のオブジェクトをぼかす必要があります。元の映像をダウンロードして、パソコンで再編集してから再アップロードする必要があると思っている方も多いのではないでしょうか。 しかし、この記事を読めば、その必要がないことがわかるでしょう。YouTubeには、「顔のぼかし」と「カスタムぼかし」という2つの関連機能があります。この2つの機能を使えば、YouTubeの動画を直接ぼかすことができます。

顔のぼかしとカスタムぼかし

次に、この2つの機能の効果について、簡単にご紹介します。

顔のぼかし

この機能を使用して、YouTube動画に登場する人々の顔をぼかします。 動画に表示されるすべての顔を自動的に認識して追跡できます。すると、ユーザーはぼかす顔を選択することができます。

カスタムぼかし

人の顔ではなく、動いている対象に対してぼかし(モザイク)をかけたい場合は、カスタムぼかしを利用することができます。

注意: 未知の原因により、一部の特定の物体やフレームがボケない場合があります。

動画にぼかしをかけた後は、効果をプレビューしたり、ぼかした部分の変更を続けたりすることができます。結果に満足しない場合は、動画を非公開にして他の人に見えないようにすることもできます。

この2つの機能を紹介した後、YouTubeの動画にぼかしを入れる方法を紹介しましょう。

ぼかす前にすべきことは

先ずは、YouTubeのぼかしページにアクセスする必要があります。

1.GoogleアカウントでYouTubeにログインします。

2.ページの右上にあるYouTubeのプロフィール画像をクリックして、「YouTube Studio」に進みます。

3.「コンテンツ」を選択してYouTubeの動画の管理ページに移動します。

「コンテンツ」を選択

4.ぼかしをかけたい動画に移動して「詳細」をクリックします。

5.動画の詳細画面に入ると、左側の「エディタ」機能をクリックします。

6.動画エディタの中から「動画の一部をぼかす」を選択します。

「動画の一部をぼかす」を選択

顔をぼかす方法

1.ここは、「顔のぼかし」と「カスタムぼかし」二つの選択肢が現れます。顔にモザイクをかけたい場合は、「顔のぼかし」を選択して続行します。

「顔のぼかし」を選択

2.YouTubeは、動画に登場する顔の認識を開始し、アクションパネルの左上に顔のサムネイル画像を表示します。 その後、ぼかしたい顔を選択し、ぼかし処理を開始します。このページでは、プログレスバーを見ることができます。

3.動画画面で「続く」ボタンを押すと、結果がプレビューされます。

4.問題がなければ、「保存」ボタンを押して変更を維持します。

YouTubeのカスタムぼかし

YouTubeの動画の中で動いている物体や人物をぼかしたい場合は、「カスタムぼかし」機能を使うことができます。

1.カスタムブラーリングの「編集」を選択

2.動画の再生が始まります。一時停止ボタンを押して一時停止し、ぼかしたい場所の上でボックスをクリック&ドラッグします。対象物の動きに合わせて自動的にぼかすことができます

また、「カスタムぼかし」でもこれらのことが可能です。

  • ぼかしたボックスを別の場所に移動させることができます。
  • ボックスの任意のコーナーをドラッグして、ぼかし領域のサイズを変更することができます。
  • タイムラインの両端をドラッグして、ぼかしがかかるタイミングを変更します。
  • タイムライン上にある「ロック」をクリックすると、ぼかし領域が同じ場所に留まるようになります。
  • 新しいボックスをクリックして他の場所にドラッグすると、より多くの領域をぼかすことができます。

結語

この記事はYouTube動画にぼかしをかける方法を紹介しました。ご参考になされましたら幸いです。また、もしMiniToolについて何かご質問/ご意見がありましたら、コメント欄でお知らせください。

  • Linkedin
  • Reddit