人気YouTuberになるには、インスピレーションを除いて、チャンネルへのアップロード用の高画質な動画を録画するための優れたカメラも必要です。そこで、今回の記事では、おすすめのカメラをご紹介します。ちなみに、動画を録画した後は、MiniToolソフトを使って動画の画質を向上させることをお勧めします。

YouTubeの動画は、どんなカメラでも撮影することができます。しかし、デジタルカメラで撮影したクリップがぼやけていたり、黄色っぽかったりすると、視聴者を獲得し、維持することは難しくなります。以下では、5つのおすすめのYouTubeカメラをご紹介します。

1. キヤノンPowerShot G7 X Mark III - 749ドル

YouTubeライブ配信に最適なカメラ:G7 X Mark IIと似たような形をし、同一のレンズを搭載したハイエンド コンパクト カメラですが、新しいセンサーを搭載し、4Kクロップがありません。また、この種のカメラとしては初めて音声入力マイクを搭載しています。YouTubeに直接ライブ配信するためのきれいな音声を求めるなら、これは最初の選択肢となります。

おすすめ記事:YouTubeでライブ配信する方法(パソコンとスマホ)

利点:

  • YouTubeへのライブ配信が簡単
  • 音声入力が可能

欠点:

  • 高価
  • 4Kクリップの上限が10分であること

2. キヤノン EOS Rebel T6 - 334.79 ドル

YouTube初心者に最適なカメラ:キャノンEOS Rebel T6の価格はエントリーレベルの範囲に設定されており、YouTubeを始めたばかりの方にとって最適な選択となります。クレイジーなアクションショットを撮影する予定がないのであれば、問題なく使えます。何より、G7 X Mark IIの半額で購入できるのが魅力です。

利点:

  • 初心者の方でも簡単に購入できる価格
  • 画像処理エンジンDigic 4+による高速処理
  • 1080p 30fpsの録画が可能
  • Wi-FiとNFCを搭載

欠点:

  • 外部マイク端子がない
  • 関節を持たないディスプレイ

3. パナソニック Lumix FZ80 - 297.99ドル

YouTubeに最適な安価なカメラ:FZ80は画期的なカメラです。最大30フレーム/秒で一瞬を捉えることができる強力な1810万画素OISレンズと、広角20mm、望遠60倍のレンズを搭載しています。これは、このような低価格帯のカメラの中で、断トツのものです。

利点:

  • 遠くまで綺麗に撮影できる60倍光学ズーム
  • 4K技術を搭載した手頃な価格のカメラ
  • 4Kビデオモードと4Kフォト連写モードをオンにする専用ボタン
  • ムービーモード搭載

欠点:

  • 固定画面
  • 低照度環境ではうまく機能しない

4. Huawei P30 Pro - $779

Huawei P30 Pro

YouTubeの旅行記に最適なカメラ:Huawei P30 Proは、2倍を超える光学ズームを搭載し、被写体に4.6倍まで近づくことができるスマートフォンです。広角、超広角、望遠の3つの焦点距離をカバーする4つのカメラを搭載し、4000万画素の画像の取り込みとToFカメラによる正確な深度検出が可能です。

利点:

  • 素晴らしいズーム
  • 汎用性の高いスチールカメラとビデオカメラ

欠点:

  • 自撮りカメラは、最大フルHD解像度
  • 制限のある動画編集機能

5. サムスンGalaxy Note 10 Plus - $987.50

編集に最適なYouTubeカメラ:Galaxy Note 10 Plusは、4K動画をキャプチャできるフロントカメラと、オンボードの編集アプリケーションを備えています。広角/超広角/望遠の多彩な撮影方法に加え、深度検出用のToFカメラを備えたクアッドリア カメラを搭載しています。外部マイクと良好な照明を組み合わせれば、市販のどのスマホよりも見栄えのする自撮り動画を撮影することができます。

利点:

  • 優れた自撮り動画
  • 見事なディスプレイ

欠点:

  • 高価
  • マニュアル動画がない

結語

たくさんの種類のYouTube動画撮影用カメラをレビューしてきましたが、自分にぴったりのカメラは見つかりましたか?何か関連するご質問やご提案がある場合は、[email protected]までご連絡いただくか、コメント欄にてお知らせください。

  • Linkedin
  • Reddit