ダイレクトレスポンスとは、直接通信を通じて、特定の受信者に行動(購入など)または応答(問い合わせや情報の要求など)を促す広告の形式を指します。最近YouTubeはダイレクトレスポンス広告の採用を発表しました。今回はMiniToolよりYouTubeのダイレクトレスポンスの仕組みについて紹介していきます。

電子商取引の普及により、ますます多くの消費者がオンラインで買い物をすることを選択しています。そこで、色んな商品から適切な良いものを購入できるように、一部の消費者は広告動画を参考します。さらに、コロナウイルス感染の拡大のため、実店舗で買い物をすることは危険となっています。この場合、消費者がより直感的にオンラインで買い物できるように、YouTubeは新しい広告形式「ダイレクトレスポンス」を採用しました。

YouTubeのダイレクトレスポンスとは

今回新たに採用されたダイレクトレスポンス広告は、広告の下に閲覧可能な商品画像を追加して、ブランドの商品ページに直接トラフィックを引き付け、YouTube動画広告をより「買い物可能」にすることを目的としています。

このショッピング形式を使用するには、ブランドはまずGoogle Merchant Centerフィードを動画広告と同期する必要があります。 次に、広告に表示される最も売れている商品を表示して、広告の「行動を促すフレーズ」ボタンを展開します。これにより、訪問者はブランド自身のウェブサイトまたはYouTubeブランドアカウントの商品リストに直接引き付けられます。

YouTubeは「ビデオアクションキャンプ」機能も採用し、YouTubeでより多くのコンバージョンを促進します。

ダイレクトレスポンス広告は役に立ちますか?

この広告製品の初期テスターは、大学生が奨学金を獲得するのを助けることを目的としたスタートアップのMosでした。 過去数か月で、Mosのサービス購入は以前のYouTubeベンチマークと比較して30%増加しました。

新しいフォーマットの別の初期のテスターであるAerieは、2020年春のキャンペーンでブランドと衣料品の販売に対する消費者の愛情を高めるためにYouTubeに広告を掲載することを望んでいます。 この会社は、完全なチャネルソリューションとしてYouTubeを使用し、可能な限り高い購入で視聴者とつながりました。

その結果、Aerieはブランドへの参加が強く、広告費用対効果は前年比25%増加し、コンバージョン率は従来のメディアポートフォリオと比較して9倍に増加しました。

会社はまた、リード生成テーブルとビデオキャンペーンを使用して、より多くのリードを獲得し、広告を配置することができます。 ジープが韓国支店で行ったように、フルリードが13倍に増加し、各リードで顧客コストが84%削減されました。

ここ数ヶ月、ブランド、特にeコマースブランドのニーズを満たすことに焦点を当てているテクノロジーの巨人はYouTubeだけではありません。 FacebookとInstagramは5月にショップを展開し、Snapchatは今月世界中のeコマース小売業者にダイナミック広告を拡大しました。

これらのブランドの広告フォーマットはYouTubeとは異なります。 YouTubeに関する限り、視聴者は広告主のWebサイトをクリックするか、リモコンを使用して取引を行うだけです。

結語

この記事はYouTube新しい広告形式であるダイレクトレスポンスを紹介しました。少しでもお役に立ちましたら幸いでございます。また、もしMiniToolについて何かご質問/ご意見がありましたら、お気軽に次のコメント欄でお知らせください。

  • Linkedin
  • Reddit