YouTubeでは動画広告の出稿先として人気が高いです。そこで、YouTubeでは「CPM(Cost Per Mille)」という広告形態がり、1,000回表示されるごとに課金されます。今回はMiniToolよりYouTubeのCPM広告形式とその1000回平均課金費用について紹介していきます。

CPMとは

CPMは「Cost per Mille」の略です。Milleはラテン語で「千」を意味します。つまり、CPMは、広告が1,000回再生あたりに稼げる金額を表示します。

YouTubeで稼げる金額を計算して収益額を確認する
YouTubeで稼げる金額を計算して収益額を確認する

この記事はYouTubeの収益額を確認するツールを5つ紹介しました。

もっと見る

CPM広告の効果を向上させる方法

自分の動画でCPM広告を表示するにはAdSenseアカウントを持っていて、動画への広告導入を許可する必要があります。これらの広告は通常、ミッドロールの形式で表示されます。これは、CTV広告の動作と同様に、動画で再生される広告を意味します。

動画の長さは、導入できる広告の数によって異なり、動画の全体的なコンテンツによって、宣伝できるかどうかが決まります。

時間に渡って、広告主はYouTube広告の効果に対してますます厳しくなり、現在のYouTubeにアップロードされた動画の多くはまったく宣伝の効果は果たせません。多くのクリエイターがアップロードする動画に不適切なコンテンツが含まれている可能性があり、視聴者たちの反感を呼び起こしやすく、広告効果が落ちるからです。

したがって、広告の効果を向上させたい場合、最も重要なことは、コンテンツを広告に適したものにするための対策を講じることです。

CPMの平均費用

CPMの広告は動画で表示される前に既に費用の計算と分割が完了しました。YouTubeはCPMの45%をシェアとして使用しているため、CPMが10ドル(かなり高い)の場合、実際には1,000回の視聴あたり4.50ドルになります。

これはかなり大きな削減であり、YouTuberが自分の動画からまともな金額を稼ぎたいのであれば、多くの視聴回数を獲得し、多くのコンテンツを作成するインセンティブになります。

YouTuberのCPM分割は、RPMまたはRevenue per Milleと呼ばれます。 より大きなRPMを取得するには、より大きなCPMを取得する必要があります。

CPMを影響する要素

前述のように、CPMに最も大きな影響を与えるのは、広告が入られている動画の内容が広告主にとって友好であるかどうかであります。つまり、動画内容に存在する不適切な言葉や写真をすべて削除し、デリケートな政治的トピックや問題を回避しする必要があります。

YouTubeは、サイトでの嫌がらせ行為や言語を止め、広告主にとってより有利にするための新しいルールを展開しています。最新の試みは、更新された「いじめ防止およびヘイトスピーチ」ポリシーを実装して、再犯者を罰することです。

ルールは当然のことながら曖昧のところであり、多くの反対を生み出しています。 タイトルや動画に単独で表示される特定の単語やフレーズは、コンテキストが有害または挑発的でなくても、広告をホストする能力を制限します。 ばかげているように見えるものを審査することになったとしても、すべての基盤をカバーし、動画を収益化できるようにすることがこれまで以上に重要になります。

結語

この記事はYouTubeのCPMとその効果を向上される方法について紹介しました。少しでもお役に立ちましたら幸いでございます。また、もしMiniToolについて何かご質問/ご意見がありましたら、お気軽に以下のコメント欄でお知らせください。

  • Linkedin
  • Reddit