YouTubeでお金を稼ぐためには、YouTubeパートナープログラムに加入する必要があります。また、YouTubeパートナープログラムを加入するため、直近12カ月における動画の総再生時間が4,000時間以上に達成する必要があります。今回はMiniToolよりYouTubeでの再生時間を4,000時間以上に累計してお金を稼ぐ方法を紹介していきます。

YouTubeチャンネルを通じて収入を得るためには、12ヶ月間で1,000人の登録者と4,000時間の累積再生時間を満たした上、YouTubeパートナープログラムに参加する必要があります。

YouTubeでマネタイズする方法
YouTubeでマネタイズする方法

YouTubeで収益を得たことがありますか?この記事では、チャンネルの収益を有効にする方法をご紹介します。

もっと見る

YouTubeで4000時間の再生時間を蓄積するには?

4000時間再生

YouTubeによると、YouTubeパートナープログラム(YPP)に参加するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • YPPはあなたの国/地区で利用可能
  • 過去12ヶ月間の再生時間の合計が4,000時間以上
  • チャンネル登録者数が1,000人以上
  • YouTubeパートナープログラムのポリシーに沿ったコンテンツのアップロード
  • AdSenseアカウントに関連付けられている

ここでは、2つ目の条件である「過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上」に注目します。

12ヶ月というとカレンダーの1年をイメージする人もいるかもしれませんが、YouTubeでは実際には過去365日のチャンネルの再生時間をカウントしています。つまり、今日までの過去12ヶ月間で再生時間が4,000時間に達している必要があります。

例えば、今日が2020年5月27日だとします。YouTubeは、2019年5月28日までさかのぼって視聴時間をトラッキングします。次の日(2020年5月28日)には、YouTubeは2019年5月29日まで遡って追跡します。

そのため、上下に変動することがあるのです。12ヶ月のしきい値に達すると、視聴時間の急激なピークはなくなり、急激な減少もなくなりますので、この指標を注視しておくのが賢明です。

では、YouTubeで4,000時間の再生時間を実現するにはどうすればいいのでしょうか。ここではいくつかヒントをご紹介します。

  • この目標を月に2万分と割り切る
  • YouTubeで成長するには長い時間がかかることを認識する
  • ツールを使って頻繁にパフォーマンスをチェック
  • ニッチを見つけ、センスのあるコンテンツを作る
  • トレンドの要素を把握し、計画を立てる
  • 毎週、新しいコンテンツを定期的に投稿する

チャンネルの再生時間が4000時間に達するとどうなりますか。

YouTubeは条件を満たすために12ヶ月の期間を設けていますが、実際には12ヶ月を待たずにYouTube収益の基準値に達することができます。

3ヶ月間で4,000時間の再生時間を獲得し、1,000人の登録者がいれば、すでにYPPの対象となっています。 しかし、実際にコンテンツから収入を得るためには、申請して承認を得る必要があります。

申請が承認されると、視聴時間を守ることにストレスを感じるかもしれません。しかし、活動を続けている限り、その後の再生時間が4,000時間を下回ったとしても、YouTubeは資格を失いません。努力してコンテンツを投稿し続ければいいのです。

結語

この記事はYouTubeで4,000時間以上の再生時間を達成して収入を得る方法を紹介しました。少しでもお役に立ちましたら幸いでございます。また、もしMiniToolについて何かご質問/ご意見がありましたら、お気軽に以下のコメント欄でお知らせください。

  • Linkedin
  • Reddit